Appleの「San Francisco」フォントで様々なスタイルセットを利用する方法。

スポンサーリンク

 AppleのSan Franciscoフォントには様々なスタイルセットが用意されているそうです。詳細は以下から。

AppleのSan Francisco

 AppleはWWDC 2015で新しい”San Francisco フォント”[1, 2](以下、SFフォント)を発表し、OS X 10.11 El CapitanやApple Watch(watchOS)のシステムフォントに採用しましたが、その後何度かのアップデートを繰り返し、現在では”Vertically centered colon”など幾つかのスタイルセットをフォントパネルで扱うことが出来るようになっているそうです。

San Franciscoフォントのコロン

Introducing the New System Fonts
Fonts lay at the intersection of design and engineering. Get introduced to typographic principles and how they apply to the San Francisco fonts. Hear what makes this family of fonts unique and how to effectively take advantage of their advanced features. Learn best practices when designing and implementing interfaces with text.

Introducing the New System Fonts – WWDC 2015 – Videos – Apple Developer

 AppleでAppKitの開発を担当しているJeff Nadeauさんの一連のツイートによると、現在SFフォントの代替スタイルセットには複数スタイルがあり、最新のSF Pro フォントをインストールすることで以下の様な5つのスタイルへ変更することが出来ます。

San Franciscoフォントのインストール

スポンサーリンク

Straight-side six and nine

数字”6″と”9″を真っ直ぐなスタイルへ。

Straight-side six and nine

Open four

数字”4″の上部を開いたスタイル。

San FranciscoのOpen 4

Vertically centered colon

コロンの縦位置を中央へ。(文字内のコロンは常に中央)

San FranciscoのVertically centered colonオプション

High legibility

小文字の”L(l)”や大文字の”I(i)”、小文字の”a”や数字の”4″,”6″,”9″,”0″を認識しやすく。

San FranciscoのHigh legibility

One storey a

1画(一筆書き)の”a”か2画の”a”か。

San FranciscoフォントのOne storey a

おまけ

 タイポグラフィパネルはmacOSのフォントパネルから[設定アイコン(⚙)] → [タイポグラフィ]という以下の様な手順で表示するだけなので、San Franciscoを利用されている方はチェックしてみて下さい。

  • Fonts – Apple Developer

コメント

  1. 匿名 より:

    Appleも隠しているつもりはないんだろうけど、こういう細かなタイプフェースの設定がフォントパネルの中にしまわれているなんて、ほとんどの人が気づいていないだろう。異体字セレクタとかすごく便利に利用しているが、もっと喧伝すれば良いのにと思わなくもない。少なくとも知らないのはもったいない。