Appleのスペシャル・イベントの動画を視聴することができるMac用クライアント「Apple Events for macOS」がWWDC 2017に対応。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleのスペシャル・イベントの動画を視聴することができるMac用クライアント「Apple Events for macOS」がWWDC 2017に対応したと発表しています。詳細は以下から。

Appleのスペシャルイベントを視聴できる「Apple」イベントアプリ。

 Apple Events for macOSはブラジルのGuilherme Ramboさんが開発&公開したアプリで、Appleが公開しているWWDCの基調講演やスペシャル・イベントの過去の動画やストリーミング配信を視聴することが出来ますが、このApple Events for macOSがv0.8へアップデートし、WWDC 2017基調講演のストリーミング配信に対応しています。

Appleのスペシャルイベント動画を視聴できるMacクライアント。

Version 0.8
IMPORTANT: This update is required if you want to watch the WWDC 2017 Keynote

insidegui/AppleEvents at producthunt – GitHub

 WWDC 2017の基調講演の配信は公式サイトやApple TVで視聴可能ですが、Apple Events for macOSアプリは以下の機能に対応しているので、興味のある方は利用してみて下さい。

  • ”Square”ボタン(最大化)ボタンがピクチャー・イン・ピクチャー表示
  • AirPlayおよびChromecastのサポート
  • ストリーミング配信が始まった時にアイコンが変化するライブインジケーター表示
  • 英語や日本語などの字幕表示

Apple Events for macOSアプリの字幕表示。