macOS 10.12.2以前のSierraには、Touch Barが原因で古いOS Xをサポートしたアプリがクラッシュする不具合があるもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS Sierra 10.12.2以前のmacOS Sierraには、Touch Barが原因で古いOS Xをサポートしたアプリがクラッシュする不具合があるそうです。詳細は以下から。


 元Appleのソフトウェアエンジニアで現在はMarsEditなどを開発しているRed Sweater SoftwareのDaniel Jalkutさんによると、macOS SierraにはTouch Barがアプリをクラッシュさせる不具合があるそうです。

Most likely it affects all apps that were built against an SDK of a certain vintage. For example, some of my apps that are still built against a 10.6 SDK crash on Touch Bar Macs, either frequently or infrequently, depending upon the user.
I had hoped that we might see a fix from Apple in macOS 10.12.2, but alas the issue is still there.

Touch Bar Crash Protection – Indie Stack

 この不具合はAppKitフレームワークに存在し、12月上旬にはAppleに報告したものの、先週リリースされたmacOS Sierra 10.12.2でも修正されておらず、MarsEditなどTouch Barに対応していない古いOS Xをサポートしたサードパーティ製アプリが影響を受けるとコメントしています。

 Appleは先週リリースしたmacOS Sierra 10.12.2で、Touch Bar上に表示されるはずの絵文字ピッカーがディスプレイ上に表示され、Touch Barが利用できなくなる不具合やTouch Bar上にパスワードフォールドに入力したパスワードが表示されてしまう不具合などを修正したようですが、

macOS Sierra 10.12.2アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびパフォーマンスが改善され、すべてのユーザに推奨されます。
このアップデートの内容:

  • Touch Barの絵文字ピッカーがディスプレイに表示されてしまう問題が修正されます

この不具合は一見(Touch Barでなく)アプリの不具合の様に見えてしまうので、何か思い当たる不具合がる場合はコンソールで”DFRElement”や”CALayer”といったワードを検索してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    互換性チェックちゃんとしてくれよ・・・Appleさんよぉ