macOS 10.12 Sierraでもディスプレイキャリブレータ・アシスタントの「詳細モード」は利用可能。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 Sierraでもディスプレイキャリブレータ・アシスタントの「詳細モード」は利用可能となっていました。詳細は以下から。

display-calibrator-assistant-logo-icon

 OS X/macOSにはディスプレイを簡易的にキャリブレーションするためのアプリ「ディスプレイキャリブレータ・アシスタント」が搭載されており、システム環境設定の[ディスプレイ]パネル → [カラー]タブ → [補正]か以下のディレクトリから起動可能ですが、AppleはEl Capitanからこのアプリの「詳細モード」をオプション扱いにしたため、今後削除されるのではないかと噂されていましたが、

display-calibrator-assistant-option

/System/Library/ColorSync/Calibrators/Display Calibrator.app

確認してみたところ、Sierraでもこの機能は[補正]ボタンを[Option + クリック]することで表示し、利用できたのでディスプレイキャリブレータ・アシスタントの「詳細モード」を利用したい方は試してみてください。

display-calibrator-assistant-fix

コメント

  1. 匿名 より:

    詳細モードを標準にしてほしいよなあ。