未来派図画工作、20世紀のニュースを写真を交えて振り返る事ができるOS X用アプリ「21世紀ボヤージ」をリリース。

スポンサーリンク

 未来派図画工作が20世紀のニュースを写真を交えて振り返る事ができるOS X用スクリーンセーバーアプリ「21世紀ボヤージ」をリリースしています。詳細は以下から。


21世紀ボヤージ-on-MacBook-Retina-Hero


 21世紀ボヤージは未来派図画工作が開発しているQuartz Composerを用いたスクリーンセーバーアプリで、20世紀にあったニュースを年代毎にタイトルと引用句を用いて表示してくれます。また、NHKオンラインRSSを使用した最新のニュースやGoogleのLIFE photo archiveを使用した画像も表示してくれます。


1998-等身大シリーズぼくドラえもん

旅は私たちの心を新鮮な風でたなびかせます。日常の中で、過去から未来にそよぐ風を感じられたらどんなに良いだろう。歴史との一期一会の旅ができないだろうか。このアプリケーションは、そうした想いで作りはじめました。また、今回バージョンでは、最新のニュースはもちろん、経過年数を意識したり、写真を用いて当時の様子が感じとれるような表現も加えています。

[二十一世紀ボヤージ – 未来派図画工作]

 システム要件はOS X 10.10 Yosemite以上で、表示速度やカラーテーマ、表示項目の変更もできます。未来派図画工作の公式サイトから無料でダウンロード可能なので興味のある方は関連リンクから公式サイトへどうぞ。


21世紀ボヤージ-Settings

関連リンク: