Pushbullet、同一WiFi内にあるMacやWindows、iOS、Androidデバイスで簡単にファイルのやりとりが出来るアプリ「Portal」のiOS版をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Pushbulletが同一WiFi内にあるMacやWindows、iOS、Androidデバイスで簡単にファイルのやりとりが出来るアプリ「Portal」のiOS版をリリースしています。詳細は以下から。

Portalのアイコン


 2013年に設立され今年初めには150万ドルの資金を調達しているスタートアップ企業”PushBullet, Inc”は 6月に”Portal by Pushbullet”という同一Wi-Fi内にあるデバイスに簡単にファイルを転送できるアプリの提供を開始しましたが、このアプリのiOS版が先月末に公開されたそうです。

Portal makes getting files from your computer onto your phone as simple as possible, even if those files are very large or you have lots of files you want to transfer.

[Introducing Portal For iOS – Pushbullet Blog]

 Portalの使い方は簡単でPortalのWebサイトにアクセスしiPhoneやAndroidデバイスからQRコードを撮影するだけで同一Wi-Fi内にあるMacやWindowsとペアリング出来、後はファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけで高速にファイルの転送ができます。

 iOSデバイス同士ならばAirDropで十分だと思いますが、WindowsやAndroidなどのクロスプラットフォームに対応し、ファイル制限がなく、フォルダごと転送可能といった利点があると紹介されているので詳しくは公式ブログへどうぞ。

関連リンク: