Macがスリープ状態から復帰する度に音量を調整し、大音量で音声が流れるのを防いでくれるアプリ「AutoVolume」がリリース。

スポンサーリンク

 Macがスリープ状態から復帰する度に音量を再調整してくれるユーティリティアプリ「AutoVolume」がリリースされています。詳細は以下から。

macOSのシステムに利用されているスピーカーアイコン

 AutoVolumeはノルウェーのソフトウェアエンジニアのJesse Clavenさんが公開したMac用ユーティリティアプリで、Macがスリープから復帰(wake)する度に音量を調整し、会議室や学校で復帰したMacから大音量で音声が流れるのを防いでくれる機能があります。

スリープ復帰後にMacのボリュームを再調整してくれるアプリAutoVolumeの説明

Automatically change the volume when your Mac wakes from sleep. – Jesse Claven

AutoVolume for macOS

 使い方はアプリを起動し、[Start at login]のON/OFFを選択、復帰後の音量を設定後[✅ Enabled]するだけで、スリープ状態から復帰後には設定された音量に自動調整されています。

Macがスリープから復帰後に音量を再調整してくれるアプリAutoVolumeの設定画面。

 AutoVolumeは現在イニシャルリリース段階でアイコンなどは設定されていませんが、ソースコードはMITライセンスで公開されており、同様のアプリにWi-Fiの設定で音量をミュートにしてくれる「AutoMute」などもあるので、興味のある方は利用してみてください。