Google、CSS Grid LayoutのサポートやPluginsページの廃止を行った「Google Chrome v57」をリリース。

スポンサーリンク

 GoogleがCSS Grid LayoutのサポートやPluginsページの廃止を行った「Google Chrome v57」の安定版をリリースしています。詳細は以下から。


 Googleは現地時間2017年03月09日、WebブラウザChromeのStable Channelをアップデートし「Google Chrome v57」の安定版をWindowsやMac、Linuxプラットフォーム向けにリリースしたと発表しています。

Stable Channel Update for Desktop

The Chrome team is delighted to announce the promotion of Chrome 57 to the stable channel – 57.0.2987.98 for Windows, Mac and Linux. This will roll out over the coming days/weeks.

Stable Channel Update for Desktop – Chrome Releases

CSS Grid Layout

 近年、大型液晶テレビから小さなスマートウォッチまでの様々なスクリーンサイズでサイトにアクセスされる機会も増えていますが、Google Chrome v57では新たに”CSS Grid Layout(CanIUse)”がサポートされ、CSSでスクリーンサイズに合わせて格子レイアウトの要素をよりスケーラブルにデザイン出来ることが可能になっています。(Demo 1, 2)

Sites are increasingly being accessed on screens of all sizes, from large LCD TVs to tiny watch faces. Historically, supporting all of these screen sizes required complex combinations of markup and CSS, making code hard to maintain. To give developers more granular control over how elements grow and shrink to fit the current screen size, CSS Grid Layout is now available.

Chrome 57 Beta: CSS Grid Layout, Improved Add to Home screen, Media Session API – Chromium Blog

新しいバッジとプラグインページの廃止

 Google Chromeには設定やバージョンの表示を行う”chrome://”サイトが用意されていますが、Chrome v57ではこの”chrome://”へアクセスした際に、アドレスバー(omnibox)に新しいバッジと「Google Chromeの安全なページを表示しています」という表示が出るようになっており、

加えて、NPAPI版Adobe Flash PlayerがChrome v42でデフォルトで無効化された事に伴い、”chrome://plugins”ページが廃止されています。

Deprecate chrome://plugins

Objective: Remove the chrome://plugins page, moving configuration for the last remaining plugin, Flash Player, to it’s own explicit place in content settings (including an option, in settings, to disable).[…]Supporting Rationale: Since we’ve deprecated NPAPI, Flash Player is now our last remaining plugin (i.e. 3rd party binary modules). Those remaining “plugins” (PDF, CDM, etc…) started life as 3rd party code, but have since been built and maintained by Google… and at this point are effectively just specialized libraries for Chrome.

615738 – Deprecate chrome://plugins – chromium – Monorail

 pluginsページに掲載されていたオプションは以下の設定ページなどで確認することが出来、Chrome v57ではこの他にも合計36の脆弱性が修正、WebAssembly APIがデフォルトで有効、Android版で”Media Session API”が利用可能になっているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

  • chrome://plugins : 廃止
    • Flashプラグイン実行オプション → chrome://settings/content
    • コンポーネントのアップデート → chrome://components
    • Flashプラグインの詳細なバージョン確認 → chrome://flash

コメント

  1. 匿名 より:

    記事と関係ないですがスマートフォンでの表示の時のブログタイトルが「APPL」になっていますよ。