Apple、iOS 10のサポートやmacOS SierraでSiriでのコントロールやPinPを利用できる「iTunes 12.5.1」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがiOS 10のサポートやmacOS Sierra向けにデザインされた機能拡張を備えた「iTunes 12.5.1」をリリースしています。詳細は以下から。

iTunes-Hero-logo-icon

 Appleは本日、iOS 10のリリースに伴いiOS 10をサポートした「iTunes 12.5.1」を新たに公開しています。iTunes 12.5.1ではiOS 10のサポートの他、macOS sierraでピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)やSiriなどのコントロールに対応しているそうです。

itunes-12-5-1-update

Apple Musicのデザインが生まれ変わり、あらゆる音楽体験をさらに分かりやすく簡単に操作できるようなりました。

このアップデートではiOS 10がサポートされます。macOS Sierra向けにデザインされた機能拡張も追加されています:
Siri: 声を使って、ライブラリやApple Musicの音楽を再生できます。Siriに話しかけたら、後はおまかせください。
ピクチャ・イン・ピクチャ: ビデオを見ながら、ほかの作業をしたり、ほかのアプリケーションを利用したりできます。ビデオはデスクトップのいずれかの隅でほかの画面より手前に表示されます。

ソフトウェア・アップデート

 iTunes 12.5.1はMacAppStore他、公式サイトからもダウンロード可能となっているのでネットワーク環境が使えないMacへのアップグレードを行いたい方は以下のリンクからどうぞ。