Slackスタイルの絵文字入力が使えるMac用ユーティリティー「Rocket」がリリース。

スポンサーリンク

 Slackスタイルの絵文字入力が使えるMac用ユーティリティー「Rocket」がリリースされています。詳細は以下から。

Rocket-logo-icon

 RocketはオーストラリアのデザイナーMatthew Palmerさんが開発&公開したMac用入力支援ユーティリティーで、Slackで使用されている絵文字のオートコンプリート機能に似た絵文字(:hogehoge)が他のアプリでも利用できるようになります。

Trigger keys
Trigger keys, followed by the start of an emoji name, are used to activate Rocket. For example “:wave” uses the trigger key “:”. Rocket expects trigger keys to be a single punctuation mark. I’ve found that “:”, “(“, and “+” work best.

Help: Rocket—Slack-style emoji everywhere on your Mac

使い方

 Rocketを起動するとまずMacのアクセシビリティの使用を求められるので、システム環境設定アプリの[セキュリティとプライバシー] > [プライバシー] > [アクセシビリティ]から「✅ Rocket」を有効にし、

Emoji-utility-Rocket-Settings2

メニューバーのRocketアイコンからテーマやトリガーキー, Rocketを除外するアプリを設定するだけで「トリガーキー+絵文字名」の絵文字入力が利用できるようになります。

 Slackスタイルの絵文字入力は「Macmoji」でも行えますが、Rocketは絵文字以外にも画像やGIFアニメの入力も可能なUpgrade版を3.99ドルで販売しているので、利用してみたい方は公式サイトを確認してみてください。