iOS 14のメールアプリでは日本語など非ラテン文字のアドレスが利用可能に。

iOS 14のメールアプリでは日本語など非ラテン文字のアドレスが利用可能に。 iOS14
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 iOS 14のメールアプリでは日本語など非ラテン文字のアドレスが利用可能になっています。詳細は以下から。


 Appleは2020年06月に開催したWWDC20でiOS 14やiPadOS 14の新機能をいくつか発表しましたが、その後、追加発表された新機能として、iOS 14/iPadOS 14のメールアプリでは、新たに日本語や中国語、韓国語、ロシア語、タイ語、ヒンディー語などの非ラテン文字で構成されたメールアドレスを使ってメールの送受信ができるようになっています。

iOS 14のメールアプリでは日本語など非ラテン文字のアドレスが利用可能に。

iOS 13のメールアプリでも無効なアドレスと警告されますが、送信できます。

 非ラテン文字のメールアドレスについては2012年にIETFが標準化(RFC6530)を開始し、2014年にGmailが対応したことで色々と騒がれましたが、iOS 14のメールアプリでも非ラテン文字以外の文字を利用したメールアドレスでメールの送受信が可能になっています。

iOS 14のメールアプリで日本語アドレス

In 2012, an organization called the Internet Engineering Task Force (IETF) created a new email standard that supports addresses with non-Latin and accented Latin characters (e.g. 武@メール.グーグル). In order for this standard to become a reality, every email provider and every website that asks you for your email address must adopt it.

A first step toward more global email – Google

おまけ

 ちなみに、iOS 14のメールアプリでは”.Mac”や”MobileMe”など古いAppleのメールサービスを登録していると、主要メールアドレスではない、間違ったメールアドレス(例えばmac.comやme.com)から送信されてしまう不具合があるので、iCloudより古いメールアドレスをお持ちの方は注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました