iOS 12では「iBooks」が「Apple Books」として刷新され、今すぐ読むやオーディオブック・ストアタブが追加。

スポンサーリンク

 iOS 12では「iBooks」が「Apple Books」として刷新され、今すぐ読むやオーディオブック・ストアタブが追加されています。詳細は以下から。


 Appleが現地時間2018年09月17日にリリースしたiOS 12ではAppleの電子書籍リーダーアプリ「iBooks」が「Apple Books (ブックス)」アプリとしてデザインや機能が刷新されています。

Apple Books

Apple Books

  • まったく新しいデザインにより、本やオーディオブックを楽しく簡単に探して読むことが可能
  • “今すぐ読む”機能により、現在読書中の本に戻ったり、次に読む本のおすすめを受け取ることが可能
  • “読みたい”コレクションに本を追加して、次に読みたい本を管理することが可能
  • 新しい“ブックストア”では、新刊、話題作、ベストセラー、Apple Booksエディターのおすすめなどから、お気に入りのブックをより簡単に探すことが可能
  • 新しいオーディオブックストアでは、お気に入りの著者、俳優/女優、著名人のナレーターによる真に迫ったストーリーや有益なノンフィクション本などを探すことが可能

リリースノートより

 新しいApple Booksアプリでは「今すぐ読む」、「ライブラリ」、「ブックストア」、「オーディオブック」、「検索」タブが並び、「今すぐ読む」タブではこれまで読んだ本が並び、Apple Musicの様に本を「読みたい」や「コレクション」に追加できる他、ラブ/好きじゃないの評価が可能で、本の詳細画面も新たにカードデザインになっています。

iOS 12のApple Books

 また、ブックストアや新たに独立したオーディオブックタブではランキングやエディターのオススメ、各シリーズの本がまとめられて探しやすくなっているので、Apple Booksユーザーの方は確認してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    アップルボックスじゃなくてアップルブックスですね。

  2. 匿名 より:

    ボックス?

  3. 匿名 より:

    iの名称がドンドン無くなっていくはちょっと寂しい。

  4. 匿名 より:

    なんというか…使いづらいです。

  5. 匿名 より:

    使いづらい

  6. 匿名 より:

    iCloud booksの非表示ができないです。
    「今すぐ読む」が必ず最初に出てライブラリ表示に一手間、
    たくさん本を買っている人ほど使いづらい仕様ですiOS12 iBooks

  7. 匿名 より:

    めちゃくちゃ使い辛いです。以前のシンプルさに戻してください。エディターのお薦めとか要りません。