PFU、OS X 10.11 El Capitanに対応した「Happy Hacking Keyboard Professional/Lite 2」用ドライバの提供を開始。

スポンサーリンク

 株式会社PFUがOS X 10.11 El Capitanに対応した「Happy Hacking Keyboard Professional/Lite 2」用ドライバの提供を開始しています。詳細は以下から。


HHK-El-Capitan-Support


 グッドデザイン賞も受賞したこともあるPFUのHappy Hacking KeyboardはEl Capitanアップデート後にCommandキーなど一部のキーが正常に動作しない状態にありましたが、本日「HHKB Professionalシリーズ」および「HHKB Lite2」のMac用ドライバがアップデートされEl Capitanに対応したそうです。

Q1:Happy Hacking Keyboard のOS X El Capitan 対応予定を教えてください。
A1:Happy Hacking Keyboard のすべてのドライバは、OS X El Capitan に対応いたします。
11月下旬までに公開予定です。

OS X El Capitanでは現在公開中のドライバは動作いたしません。
システム環境設定のキーボードの「キーボードの種類を変更」によりキーボード配列の設定をすることで、汎用USBキーボードとして動作することは可能です。
その場合、以下の制限事項がございます。
・日本語配列のHHKBの場合、英数キー、かなキー、およびFnキーを押下しながらのマルチメディアキーの入力ができません。Kanaキーが無効となります(ドライバ動作時にはCommandキー)。
Lite2でCommandキー入力には、Fnキー + HHKBロゴキーをお試しください。
・英語配列のHHKBの場合、Fnキーを押下しながらのマルチメディアキー入力ができません。

Happy Hacking Keyboard | OS X v10.11 El Capitan の対応について | PFU

 アップデートされたドライバは以下の2つで、どちらもバージョンは3.0。El Capitanに対応した他、Mac OS v8.6 ~ Mac OS X v10.1用ドライバが共通化されたそうです。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    この時を待っていたよ

  2. Apple7743 より:

    これでプログラマーが救われる

  3. Apple7743 より:

    ガタッ 来たか