Adobe、iOS版ベクターグラフィックデザインアプリ「Adobe Illustrator Draw」をアップデート。Apple Pencilをサポートし筆圧の調整が可能に。

スポンサーリンク

 Adobeは現地時間11月30日、iOS版Adobe Illustrator Drawをv3.1へアップデートしApple Pencilをサポートしたと発表しています。詳細は以下から。


Adobe Illustrator Draw-Hero


 Adobe Illustrator Draw v3.1では新たにApple Pencilがサポートされ、筆圧とマスクが利用可能になった他、iOS 9のSplit ViewのサポートおよびiPad Proへの最適化も進んでいるそうです。


Adobe-Illustator-Draw-for-iOS-support-Apple-Pencil

バージョン 3.1 の新機能
iPad Pro 用に最適化
iPad Pro の美しい大画面からインスピレーションを引き出しましょう。キャンバスが大きくなり、細部をたくさん描きこむことのできるスペースが生まれました。

Apple Pencil をサポート
iPad Pro の新しい Apple Pencil の筆圧とマスクを標準サポートすることで、より高い創造性を実現します。ストロークの筆圧を調整することで、細い線や太い線を引くことができます。

iOS 9 の Split View をサポート
2 つのアプリを開き、並べて表示することで、Draw で作品を見ながら Capture CC でベクトルシェイプを編集または作成することができます。

Adobe Illustrator Draw — レイヤーを使用した伸縮可能なベクターイラストレーション – App Store

 またAdobeはスマートフォンやタブレットで撮影した写真からカラーテーマ、カスタムブラシを作成できる「Adobe Caputre CC」も同時にアップデートし、こちらのアプリでもApple Pencilをサポートしたと発表しています。



バージョン 1.1 の新機能
iPad Pro 用に最適化
iPad Pro の美しい大画面を使用して、インスピレーションを作品として表現しましょう。高品質かつ高解像度の画像から、より一層優れたブラシ、カラー、フィルター、シェイプを作成できます。

Apple Pencil をサポート*
新発売の Apple Pencil に組み込まれている筆圧設定で、より繊細なニュアンスをブラシに追加しましょう。

Adobe Capture CC – App Store

関連リンク