Mac用Twitterアプリ「Tweetbot for Twitter」がv2.2にアップデート。El Capitanの新機能Split Viewやフルスクリーン、Favアカウントの選択が可能に。

スポンサーリンク

 Mac用Twitterアプリ「Tweetbot for Twitter」がv2.2にアップデートしています。詳細は以下から。


Tweetbot-for-Mac-Hero


 Mac/iOS用Twitterアプリ「Tweetbot」シリーズを開発しているTapbotsがMac用Twitterアプリ「Tweetbot for Twitter」をv2.2へアップデートし、El CapitanでのSplit Viewやフルスクリーンをサポートしたと発表しています。新機能や変更点は以下の通り。

What’s New in Version 2.2

– Fullscreen support and split screen support in 10.11
– Tweet details now show conversation and replies in the same order as Tweetbot 4 for iOS.
– Control-click on the fav button and fav from any of your accounts.
– Muted keywords can now optionally mute lists and searches.
– Various color changes to match Tweetbot 4 for iOS.
– Fixed an issue where “Find Users” when composing a tweet could end up with no results.
– Main menu: added Tweet > Share > Message Tweet and Open in Browser.
– Various bug fixes.

[Tweetbot for Twitter – Mac App Store]

Split View

 今回のアップデートではOS X 10.11 El Capitanへの最適化が進められており、El Capitanの新機能 Split Viewやフルスクリーンモードが可能になり、ミッションコントロールやフルスクリーンボタンを長押しすることでこれらの機能を利用することが出来ます。




Reply

 v2.2ではリプライの表示がiOS版Tweetbot 4 for iOSと同じに設定されており、ツイートへのリプライが下に表示され、Tweetbot 4 for iOSと同じカラーリングに変更されています。


Tweetbot-for-Mac-Reply-Style

Fav Accounts

 Tweetbotで複数のアカウントを運用している場合、IFTTTなどと紐付けしている別のアカウントにツイートのお気に入りを登録したい場合があると思いますが、v2.2ではFavボタンを[Control]を押しながらクリックすることでお気に入りに登録するアカウントを選択することが可能になっています。(シングルユーザーの場合は出ません)


Tweetbot-fav-account-select

Mute

 v2.2では新たにミュートフィルターに「Mute Searches」「Mute Lists」が追加されており、検索結果やリスト内にミュートキーワードが含まれたツイートがある場合、そのツイートを表示されなくなります。


Tweetbot-for-Mac-Mute

Menu

 メニューバーの[Tweet] > [Share] に「Massage Tweet」と「Open in BROWSER」が追加。


Tweetbot-add-menu-open-in

 この他、Find Usersから新規ツイートを作成する際にツイートが投稿されない不具合を含む複数の不具合が修正されているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

関連リンク: