Apple、iTunes 12.3 for Windowsをリリース。iOS 9およびWindows 10をサポートし悪意のあるコードが実行されiTunesが強制終了する脆弱性などを修正。

スポンサーリンク

 AppleがiTunes 12.3 for Windowsをリリースし悪意のあるコードが実行されiTunesが強制終了する脆弱性など複数の脆弱性を修正したと発表しています。詳細は以下から。


iTunes-12-3-for-Mac


 Appleは今朝、iTunes 12.3 for Macをリリースしましたが、同時にiOS 9およびWindows 10のサポートを追加したiTunes 12.3 for Windowsをリリースしており、66の脆弱性が修正されています。


iTunes123-for-Windows-Hero

このiTunesアップデートでは、iOS 9およびWindows 10のサポートが追加されます。以下の改良点も含まれます:

  • “次はこちら”の曲順を変更できない問題を解消
  • “最近再生した項目”に一部のラジオステーションが表示されない問題を解消
  • iOSでラブを付けた曲がiTunesでラブ済みにならない問題を解消

 iTunes 12.3 for WindowsではYahoo Pentest Teamによって報告された悪意のあるコードによりiTunesが強制終了する不具合や、任意のコードが実行される脆弱性が修正されているので。Apple Software Updateか公式サイトからダウンロードしてアップデートして下さい。

関連リンク: