Ars Technica、iPad mini 4のパフォーマンステストの結果を公開。A8チップは1.5GHzでRAMは2GBというスペックに。

スポンサーリンク

 Ars TechnicaがiPad mini 4のパフォーマンステストの結果を公開しています。詳細は以下から。


iPad-mini-4-Hero


 Ars Technicaが公開した”iPad mini 4″の先行レビューによると、iPad mini 4のCPUは mini 3のApple Dual Core A7@1.3GHzからApple Dual Core A8@1.4GHzへアップグレードされ、RAMも1GBから2GBへ変更されているそうです。


iPad-mini-4-iPad5d2-Hero

We can confirm that the tablet uses a 1.5GHz Apple A8 with 2GB of RAM, which is faster than both the 1.4GHz A8 in the iPhone 6 and 6 Plus and the 1.3GHz A7 in the iPad Mini 2 and Mini 3.

[iPad Mini 4 performance preview: A 1.5GHz Apple A8 with 2GB of RAM – Ars Technica]

 またGeekbench 3のSingle-, Multi-Coreベンチマークスコアの結果も公表しており、Apple Triple Core A8X@1.5GHzを搭載したiPad Air 2よりは劣っているものの、iPad mini 2および3のA7より0.1GHzだけ高いA8を搭載したiPad mini 4が20%以上スコアを上昇させている点についてはiOS 9のSplit Viewも利用可能な2GBのRAMの効果だろうとコメントしています。


002-980x720

Having a whole extra CPU core makes the 1.5GHz A8X in the iPad Air 2 about 50% faster than the Mini 4, but we’re still looking at a 20-or-so percent improvement over the old Mini 2 and Mini 3. That extra RAM will be good for more than just Split View multitasking, too—2GB iDevices need to eject things from memory less often, cutting down on the amount of tab reloading that Safari does and generally reducing wait times when switching between different tabs and apps.

[iPad Mini 4 performance preview: A 1.5GHz Apple A8 with 2GB of RAM – Ars Technica]

 XcodeでiPad mini 4と同様にRAMを2GB搭載していることが確認されたiPhone 6sシリーズのスコアも気になるところですが、Ars TechnicaではGeekbench 3のSingle-Coreベンチマークの結果も公開されているので興味がある方は関連リンクからArsへどうぞ。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    やっと2GB!
    …でも、まだ2GB

  2. Apple7743 より:

    予約はせずに、人柱が活躍したのちに apple storeでcelluler版を買う、と。