OS X YosemiteのHypervisorフレームワークを利用したハイパーバイザー「xhyve」がFreeBSDとACPIを正式にサポートしたv0.2をリリース。

スポンサーリンク

 OS X YosemiteのHypervisorフレームワークを利用したハイパーバイザー「xhyve」がFreeBSDとACPIをサポートされています。詳細は以下から。


xhyve_logo

 先月 Michael Steilさんが公開した”xhyve”はファイルサイズ 230 KBという超軽量ながらOS X Yosemiteで採用されたHypervisorフレームワークを使用して、仮想環境を構築できるハイパーバイザーとして話題になりましたが、

関連記事

 今回 正式にFreeBSDとACPIをサポートした”xhyve 0.2.0″をリリースしています。


xhyve-02-FreeBSD-ACPI-Support

FreeBSD Support and ACPI

・FreeBSD support
・ACPI support
・reduced idle CPU load on host

[Release FreeBSD Support and ACPI · mist64/xhyve – GitHub]

 ”xhyve 0.2.0″では起動用スクリプトの”ACPI”オプションがデフォルトでONに設定されているので、気になる方は試してみてください。

関連リンク: