Apple、OS X Mountain LionおよびMavericks向けに「Security Update 2015-005」をリリース。ApacheやCoreTextなど20以上の脆弱性を修正。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.8 Mountain Lionおよび10.9 Mavericks向けに「Security Update 2015-005」をリリースしています。詳細は以下から。


セキュリティーアップデート-2015-005


 AppleがOS X 10.8 Mountain Lion と 10.9 Mavericks向けに公開したセキュリティーアップデートでは以下 20以上の脆弱性が修正されており、中には”Admin Framework”やQuickTime, Apache, NTPなどの脆弱性も含まれています。

  • CVE-2015-3671:Admin Framework
  • CVE-2015-3672:Admin Framework
  • CVE-2015-0235, CVE-2015-0273 :apache
  • CVE-2015-3677 :AppleFSCompression
  • CVE-2015-3683 :Bluetooth
  • CVE-2015-3684 :CFNetwork HTTPAuthentication
  • CVE-2015-3685 ~ CVE-2015-3689:CoreText
  • CVE-2015-3690 :DiskImages
  • CVE-2015-3692 :EFI
  • CVE-2015-3693 :EFI
  • CVE-2015-3695 ~ CVE-2015-3702 :Intel Graphics Driver
  • CVE-2014-8127 ~ CVE-2014-8130:ImageIO
  • CVE-2015-3703 :ImageIO
  • CVE-2015-3704 :Install Framework Legacy
  • CVE-2015-3711 :ntfs
  • CVE-2015-1798, CVE-2015-1799 :ntp
  • CVE-2015-3661 ~ CVE-2015-3663:QuickTime
  • CVE-2015-3666 ~ CVE-2015-3668:QuickTime
  • CVE-2015-3713:QuickTime
  • CVE-2013-1741, CVE-2015-3714, CVE-2015-3715:Security
  • CVE-2015-3716 :Spotlight

 このアップデートはMac App Store経由または以下の関連リンクからダウンロード可能です。

関連リンク: