OS X YosemiteのSafariにプライベートブラウズ機能で閲覧したWebページのURLを含む全てのURLがSQL DBに保存されたままになってしまう不具合が確認される。

シェアする

スポンサーリンク

 OS X YosemiteのSafariにプライベートブラウズ機能で閲覧したWebページのURL全てがSQLデータベース内に保存されたままになってしまう不具合が確認されたそうです。詳細は以下から。


OS-X-Yosemite-Safari-Warning


 Safariのプライベートブラウズ機能は「アクセスするページ、検索履歴、または自動入力情報がSafariに保存されない」機能で、他人のMacを使用させてもらう際など閲覧、検索履歴を残したくない時などに使用しますが、


Safariのプライベートブラウズ

 Macのトラブルを扱っているブログMacIssuesによると、ブログの読者から「OS X YosemiteのSafariのデータベースファイルである”~/Library/Safari/WebpageIcons.db”を開いてみたところ、このデータベースファイル内には私が訪れた全てのWebサイトのURLが保存されており、驚いたことにその中には私がプライベートブラウズ機能を使用して訪れたWebサイトのURLも含まれていた」という報告を受け、確認したところ確かに”WebpageIcons.db”内に訪れた全てのWebサイトのURLが含まれていたそうです。


Safari-WebpageIcons-db

~/Library/Safari/WebpageIcons.db

I was troubleshooting some issues with Safari and opened up ~/Library/Safari/WebpageIcons.db, and in that file, I was surprised to find all the URLs of sites (stored in plain text) that I and others using my Mac visited in “private windows” in Safari. The URLs seem to stay in there basically forever unless you clear out all your browsing data (which defeats the entire purpose of using a “private window”).

[Safari bug saves Web page URLs in Private mode – MacIssues]

確認してみた

 この不具合は米Lifehackerでも確認され「PageURLテーブル内に全てのURLが保存されている」ということなので、実際にOS X 10.10.2 Yosemite & Safari 8.0.4でWebpageIcons.dbを一度削除し、プライベートブラウズ機能を使用してdmm.comにアクセスしてみたところ、確かに全てのURLがPageURLテーブル内に保存されていました。(データはSQLiteデータベースなので確認したい方はDB Browser for SQLiteSQLightなどを使用して下さい)


OS-X-Yosemite-and-Safari-804

You can open that file with any SQLite browser. Once you do, you’ll find a full list of all the URLs you’ve ever visited in Safari, private mode or otherwise, in the PageURL table.

[Safari’s Private Browsing Mode Saves URLs In an Easily Accessible File – Lifehacker]

 また、MacIssuesのコメント欄によると「この現象はOS X 10.9 Mavericks & Safari 7.xでは起きない」ということなので、同様に確認してみましたがMavericksのSafari 7.1.4ではプライベートブラウズ機能でアクセスしたWebサイトのURLは保存されなかったのでOS X YosemiteのSafariのみの不具合のようです。


Safari-Private-brows-bug-OS-X-Yosemite

 幸いなことに、この不具合は既にAppleに報告され、開発者向けにリリースされているベータ版のOS X 10.10.3 Yosemite & Safari 8.0.5ではプライベートブラウズ機能でアクセスしたWebサイトのURLを”WebpageIcons.db”内に保存していないようになっているようですが、MacIssuesではこの不具合が修正されるまで、Safariの使用をやめるか、「すべてのWebサイトのデータを削除…」などを使用して”Webpageicon.db”を削除することを勧めています(*プライベートブラウズ以外で訪れたWebベーシのURLなども削除されます)。


Safariのデータを削除
[Safari] > [履歴と Webサイトのデータを削除…]

関連リンク:
Safari bug saves Web page URLs in Private mode – MacIssues

Safari’s Private Browsing Mode Saves URLs In an Easily Accessible File – Lifehacker

Safari 8 (Yosemite): 「プライベートブラウズ」ウインドウを使用する – Apple Support

2015/04/01 6:20 :ご指摘を頂き、タイトルを一部修正しました。ありがとうございます。

コメント

  1. Apple7743 より:

    アップルはま〜たしょ〜もないバグ出しちまったのか…
    なんでマベで出来てたことがヨセミテで出来ないのかね?

  2. Apple7743 より:

    実験に使ったサイトがYahooとDMMという所に拘りを感じたw

  3. Apple7743 より:

    うわぁ怖い

  4. Apple7743 より:

    SQLデータって何だ?SQLは問い合わせ言語で・・・データの型とかファイルの種類じゃないよね。
    原文読んできたけどSQLデータなんてよく分からない記述はないですよ?
    ちゃんとSQLiteのDBファイルに全て残ってるって書いてある。
    ここは「SQLデータ」ではなく「データベースファイル」じゃなかろうか?

  5. Apple7743 より:

    IMEの入力が記憶されっぱなしになってる時点でプライベートもクソもないと思ってるけどね……
    IOSでもwebサイトデータの残りカス残してるし

  6. Apple7743 より:

    ここ最近はSafariを使用する事に不安を感ずる様になってきている。
    逆にFirefoxの方が安心して使用出来る気がするw

  7. Apple7743 より:

    長年のユーザーだったが、Firefoxはさすがにもう長くないと思うわ
    昔はいくつもブラウザ入れてゴリゴリ拡張して積極的に情報交換していたが
    もうOSに組み込まれてるブラウザ以外をわざわざ入れてカスタマイズって感じもしなくなってきたわ
    ブラウザ専業だったところがいろいろ手出し始めたのが何よりの証拠だけど
    ていうか、プライベートブラウジングに関してはすでにFirefoxは履歴やキャッシュをまるごと蓄積して同機能が全く無意味になっていたバグをもうやらかしてる。

  8. Apple7743 より:

    ※7がイミフ