OWC、Mac mini Late 2014 FusionDriveモデルの分解レポートを公開。PCIe SSDは専用コネクタケーブルで接続。

シェアする

スポンサーリンク

 OWCがMac mini Late 2014(FusionDriveモデル)分解レポートを公開しています。詳細は以下から。

Mac miniのアイコン。


 iFixitやMac Mini Vaultが既にMac mini Late 2014の下位モデル(HDDモデル)の分解をしていましたが、新たにOWCがMac mini Late 2014 FusionDriveモデルの分解レポートを公開しており、PCIe SSDは専用のケーブルで接続しているようです。

Mac mini Late 2014 by OWC

 さらにOWCは今回のMac miniについて以下の特徴があるとコメントしています。

Mac mini Late 2014 by OWC

  1. PCIeスロット用の接続ケーブルはFusion Driveを注文しないと存在しないため、Fusion DriveでないMac mini Late 2014モデルではPCIe SSD用スロットが存在しないだろう。
  2. 分解するためには「いたずら防止T6トルク(TR6 Torx)」が必要。
  3. Thunderbolt 2ポートはThunderboltポートとしても使用できます。
  4. メモリはアップグレード不可能(On-Bord)なので、16GBメモリが必要な方はCTOする必要がある。
  5. PCIe SSDはMacBook Pro with Retina display Late 2013やAir, iMac 2013以降で使用されているSSDと同じものが使用されている。
PCIeスロットが無いとされていますが、iFixitの分解レポートによるとコネクタはあるので専用スロット付きのコネクタケーブルが販売されれば接続可能だと思います

OWC Blogには更に詳細な画像やiMac with Retina 5K displayの分解レポートも掲載されているので興味のある方はどうぞ。

関連リンク: