OS X 10.10 YosemiteをVMware Fusionにインストールする方法まとめ。

シェアする

スポンサーリンク

 VMware FusionのゲストOSとしてOS X 10.10 Yosemite Developer Preview 1をインストールしたので備忘録程度にまとめ。詳細は以下から。

 OS X 10.10 Yosemite Developer Preview 1が配布され様々なデバイスにインストールされているようですが、仮想環境ではVMware Fusion TechnologyPreview or v6.0.3でYosemiteが動くそうなので実際にインストールしていました。


OS-X-Yosemite-on-VMware-Fusion-Hero

必要なもの

 OS X 10.10 Yosemiteの仮想環境を作るのに必要な物は以下の通り、

・VMware Fusion Techology Previewのシステム要件を満たしたMac

・VMware Fusion Technology Preview May 2014 (v6.0.3でも動くようです)
・OS X 10.10 Yosemite DP1(Install OS X 10.10 Developer Preview.app)


Mac-Yosemite-Installer

インストール手順

 まず、VMware Fusionのメニューバー[File] > [New]から「Install from disc or image」を選択。


Img1-VMware-Fusion-6-Create-VM

 「Choose an operating system Installation disc or image」で [Use another disc or disc image …]から「Install OS X 10.10 Developer Preview.app」を選択。


Img2-VMware-Fusion-6-Create-VM-Yosemite

 Choose Operating Systemで「OS X 10.9」を選択。


Img3-VMware-Fusion-6-Create-VM-Yosemite

 VMの構成をカスタマイズして(デフォルト設定でもOK) [Finish]。


Img4-VMware-Fusion-6-Create-VM-Yosemite

 後はOS X インストールの手順に従って行けばYosemiteがインストールされますが、「OS X 10.10 DP as a VM in Fusion 6.0.3: it works!」Threadでも指摘されているようにGraphicドライバーが対応していないためか画面が表示されなったり、Yosemite特有の磨りガラス効果のメニューバーやDockが表示できなかったりします。


Img5-VMware-Fusion-6-Create-VM-Yosemite

おまけ:VMwareとParallelsのYosemite対応状況

 現在 VMware FusionとParallels DesktopのOS X 10.10 Yosemite対応状況は以下のようになっているようです。

VMware Fusion
・OS X 10.10 Yosemite DP1 で VMware Fusionは起動不可能Twitter
・VMware FusionにOS X 10.10 Yosemite DP1(ゲストOS)をインストールすることは可能

Parallels Dekstop
・OS X 10.10 Yosemite DP1 で Parallels Desktopは起動可能Twitter
・Parallels DesktopにOS X 10.10 Yosemite DP1をインストールすることは不可能Thread

関連リンク:
Windows上のVMwareでOS X 10.10 Yosemite DP1の夢を見る方法b.hatena

OS X 10.10 Yosemite Developer Previewのインストールディスク作成方法


コメント

  1. Apple7743 より:

    oh…

  2. Apple7743 より:

    oh・・・・・