OS X 10.10 Yosemite Developer Previewのインストールディスク作成方法。

シェアする

スポンサーリンク

 OS X 10.10 Yosemite Developer Previewのインストールディスクの作成方法をまとめました。詳細は以下から。


 WWDC 2014で発表され、OS X Beta Programb.hatenaとして公開されたOS X 10.10 Yosemite DP 1ですが、VirtualBoxへのインストール方法も公開される中、インストールディスクを簡単に作成できる「DiskMaker X」がまだYosemiteに対応していなかったのでインストールディスクの作り方だけまとめました。


Yosemite-VirtualBox-Hero

必要なもの

インストールディスクを作成するのに必要なものは以下の通り、

・8GB以上のUSBメモリ

・Install OS X 10.10 Developer Preview.app

・インストールディスク作成用のMac


OS-X-Yosemite-Install-Disk-img1

作成方法

1.まず、USBメモリをディスクユーティリティ.appを使用し初期化しておきます。


OS-X-Yosemite-Install-Disk-img0

2.次にhdiutlコマンドでInstallESD.dmgをマウント(Attach)します(Install OS X 10.10 Developer Preview.appが/Applicationsへ保存されている前提です)。


OS-X-Yosemite-Install-Disk-img3

sudo hdiutil attach /Applications/Install\ OS\ X\ 10.10\ Developer\ Preview.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg

*バックスラッシュが円記号になっている場合は直してください。

3. asrコマンドでインストール用USBメモリを初期化&リストア。


OS-X-Yosemite-Install-Disk-img4

sudo asr restore -source /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/BaseSystem.dmg -target /Volumes/INSTALL -erase -format HFS+

*1:INSTALLはフォーマットしたUSBメモリの名前です。

*2:途中”Erase contents of /dev/disk1s1 (/Vloumes/INSTALL)? [ny]:”と入力を求められるので”y”を入力。

*3:エラー(Checksum failed)が出る場合はディスクユーティリティでUSBメモリを再度フォーマットすると直ると思います。

4.後はPackagesのシンボリックリンクをrmして、必要なファイルをUSBメモリにcpしてやれば終了です。


OS-X-Yosemite-Install-Disk-img5

sudo rm /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation/Packages
sudo cp -a /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/Packages /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation/Packages
sudo cp -a /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/BaseSystem.dmg /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/BaseSystem.chunklist /Volumes/OS\ X\ Base\ System

5.最後に作成したインストールディスクをYosemite DP版をインストールしたいMacに接続し、Optionキーを押しながら起動すればDP版がインストール可能です。


OS-X-Yosemite-Install-Option-Key

関連リンク:
OS X 10.10 Bootable USB – GitHub
OS X 10.10 DP1 USB media creation – pastebin.com


コメント

  1. Apple7743 より:

    別な話なのだけど、.iso作ってみたら仮想環境にインスコできなかった・・・
    手順間違えたかな

  2. Apple7743 より:

    Mac OSならisoはダメっしょwww