Apple Pencil Proでキャンパス上に表示される各ペンツールのシャドウ(影)は3Dオブジェクトファイルを利用し描写。

Apple-Pencil
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Apple Pencil Proでキャンパス上に表示される各ペンツールのデジタル・シャドウは3Dオブジェクトファイルを利用し描写しています。詳細は以下から。

Apple Pencil Pro new features

 Appleが新しいiPad Air (M2)iPad Pro (M4)向けに発売を開始した新しいスタイラスペンApple Pencil Proは、クレヨンや万年筆、水彩ペンなど現在使用しているペンツールがわかるように、影でそのペンツールの輪郭をiPadの画面上に映し出す「シャドウ」という機能が実装されていますが、

Apple Pencil Proのシャドウ

クリックで拡大:Apple Pencil Proのシャドウ(クレヨン、万年筆、水彩ペン)

Appleは、このシャドウを実装するにあたり、クレヨンや万年筆、水彩ペンなどのペンツールを3Dオブジェクトファイル(.obj)で作成し、シャドウに反映させているようです。

Apple Pencil Proの万年筆のデジタルシャドウ

 Appleがデジタルシャドウ用のファイルを2Dではなく3Dで作成した理由は、Apple Pencil Proで導入されたバレル(軸)センサーによりペンの回転を検知できるようになったことで、ペン回転時の射影も正確に表現する必要になったためで、

iPad Air (M2)とiPad Pro (M4)用に配布されている「iPadOS 17.5 (21F84)」のPencilKitフレームワーク内には、クレヨンや万年筆、水彩ペンだけでなく、ボールペン、蛍光ペン、マイクロスティックペン、塗り潰し(PaintTube)、選択ツール、消しゴムツールの3Dファイルが含まれているので、興味のある方はチェックしてみてください。

Apple Pencil Proの蛍光ペン

/iPadOS 17.5 (21F84)のSystemOS/System/Library/Frameworks/PencilKit.framework/Crayon-B532.obj

おまけ

 ちなみに、AppleはmacOS 12 Montereyで採用したモントレー渓谷を漂うスクリーンセーバ(Canyon)、macOS 13 Venturaで採用した花の中を漂うスクリーンセーバ(Ventura)にも、3Dジオメトリファイルを採用し、渓谷や花びらの中を漂う様子を再現しています。

macOS 13 Ventura 3D スクリーンセーバ

macOS 13 Ventura 3D スクリーンセーバ

コメント

タイトルとURLをコピーしました