Macにインストールされたブラウザの検出がより早く正確になったブラウザプロンプター「Browserosaurus v20」がリリース。

スポンサーリンク

 Macにインストールされたブラウザの検出がより早くなったブラウザプロンプター「Browserosaurus v20」がリリースされています。詳細は以下から。

Browserosaurus

 BrowserosaurusはイギリスのWill StoneさんがSafariやChromeなど複数のブラウザを利用しているユーザー向けにオープンソースで開発しているブラウザプロンプターで、メールなどに記載されているリンクを開くブラウザを選択することができますが、このアプリの最新バージョンとなる「Browserosaurus v20.0」がリリースされています。

Browserosaurus v20 for multi browser user

This release changes the way Browserosaurus looks for supported apps on your machine, which will hopefully be both quicker and more reliable. […]So, with the great help from @mreid-tt, Browserosaurus now simply looks to see which apps you have installed in your /Applications folder, and cross-references that against the inbuilt list of supported browsers.

リリースノートより抜粋

 リリースノートによると、Browserosaurusはこれまで、MacにインストールされたブラウザIDを検出するのに、Spotlightインデックスを利用していましたが、 v20.0以降ではアプリケーションフォルダ内にインストールされたアプリとブラウザリストを比較して、より早く正確にサポートブラウザを抽出できるようになったそうです。

Browserosaurus v20 Find apps

 利用したいブラウザがリストに含まれておらず検出されない場合はIssuesかPull-requestsで報告して欲しいとコメントされていおり、Browserosaurus v20.0では古いカスタム設定が利用できなくなっていますが、アプリのレスポンスは上がっているので、複数のブラウザを利用されている方は試してみてください。