ブラシや塗りつぶしツール、レイヤー機能を備えSpriteKit用のスプライトやアニメーションの書き出しが可能なピクセルアートエディタ「Pixel Designer for Mac」がリリース。

スポンサーリンク

 ブラシや塗りつぶしツール、レイヤー機能を備えSpriteKit用のスプライトやアニメーションの書き出しが可能なピクセルアートエディタ「Pixel Designer for Mac」がリリースされています。詳細は以下から。

Pixel Designer for Mac

 Pixel Designerはアメリカ、ネブラスカ州のソフトウェアメーカーInfinite Token LLC.が新たに公開したMac用ピクセルアート・エディタで、ゲーム開発などに使うドット絵を描くことが出来ます。

Pixel designer is an easy to use pixel art drawing and editing app for MacOS!

  • Create sprites and pixel art for your games or digital art.
  • Brush, Eraser, Eyedropper, and Fill tools.
  • Frame (Animate), Tiled, Sheet, and Tileset modes allow for many workflows.

‎Pixel Designer – Mac App Store

 Pixel Designer for Macにはブラシや消しゴム、スポイト、塗りつぶし(バケツ)ツール、およびパレットなど一通りの機能は備わっており、作成するドット絵によってフレーム(アニメーション)やタイル、シート、タイルセットモードが用意されています。

Pixel Designer for Mac

 また、Appleのゲーム開発用フレームワークSpriteKit用にスプライトやアニメーションを描き出す機能もあります。

Pixel Designerの書き出し

 Pixel Designerのシステム要件はmacOS 10.12 Sierra以上のMacで、書き出し機能は1,220円のアプリ内課金が必要となっていますが、それ以外の機能は無料で試すことができるので、興味のある方はダウンロードでしてみてください。