Apple、アプリがクラッシュする不具合や複数の脆弱性を修正したMac用X Window System「XQuartz v2.8.3」をリリース。

スポンサーリンク

 Appleがアプリがクラッシュする不具合や複数の脆弱性を修正したMac用X Window System「XQuartz v2.8.3」をリリースしています。詳細は以下から。

XQuartz

 AppleのJeremy Huddleston Sequoiaさんは現地時間2022年12月09日、2002年にXFree86プロジェクトが開発し、2011年までMac OS Xにも同梱されていたMac用のX Window System「XQuartz」の最新バージョンとなる「XQuartz v2.8.3」をリリースしたと発表しています。

XQuartz 2.8.3

 XQuartz v2.8.3では、XQuarzの[アプリケーション]メニューで[カスタマイズ…]を選択するとアプリがクラッシュする不具合や、GTK3アプリでパフォーマンスが低下する不具合が修正されている他、複数の脆弱性が修正されており、

XQuartz v2.8.3

XQuartz.appのダウングレードをサポートするためにインストーラーパッケージの更新も行われているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Changes in 2.8.3

  • All changes in 2.8.2 plus:
  • Fixed a crash when editing the Applications menu (#267)
  • Fixed a performance issue impacting gtk3 apps (quartz-wm:!2)
  • Updated server to 21.1.4 to address CVE-2022-2319 and CVE-2022-2320
  • Re-added support for system-wide app preferences (#274)
  • Updated pixman to 0.42.2 to address CVE-2022-44638
  • Updated xterm to 376b to address CVE-2022-45063
  • Updated libXft to latest version to address an issue with text in Motif apps(#301)
  • Updated installer package to support downgrading XQuartz.zpp (#300)
  • Updated multiple projects to newer upstream versions