macOS 13 Venturaで何らかの原因によりWindowServerがクラッシュし、ログイン画面に戻される不具合。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaで、何らかの原因によりWindowServerがクラッシュし、ログイン画面に戻される不具合が確認されているそうです。詳細は以下から。

macOS 13 Ventura

 Appleが日本時間2022年10月25日にリリースしたmacOS 13 Venturaでは、OBS Studio v28以降でScreenCaptureKitがフルサポートされ、Soundflowerなどのオーディオルーティングソフトなしにアプリのオーディオをキャプチャすることが可能になりましたが、

太鼓の達人のオーディオをキャプチャ

OBS Studio v28で太鼓の達人のオーディオをキャプチャ

このOBS Studio v28のオーディオキャプチャ・テストをしていて知りましたが、macOS 13 Venturaでは何らかの原因によりWindowServerサービスがクラッシュし、ログイン画面に戻される(ログアウトされる)不具合があるようです。

ログイン画面に戻される(ログアウトされる)

スポンサーリンク

WindowServerのクラッシュ

 WindowServerはアプリケーションのウィンドウやUIをバックグラウンドプロセスなど管理/接続するサービスで、macOS 12 MontereyでもFirefoxが原因でWindowServerのメモリーリークが発生していましたが、

Firefox v94でWindowServerが170%

Window Server
The window server is a single point of contact for all applications. It is central to the implementation of the GUI frameworks (AppKit and HIToolbox) and many other services (for example, Process Manager).

Daemons and AgentsのWindowServerより

RedditやApple Developer Forums/Communityによると、macOS 13 VenturaではMicrosoft OfficeやDocker、OBS Studioの使用やフルスクリーンへの切り替え、外部ディスプレイ接続時など様々なケースでWindowServerがクラッシュし、

macOS 13 VenturaでWindowServerがクラッシュ

Process:               WindowServer [5266]
Path:                  /System/Library/PrivateFrameworks/SkyLight.framework/Versions/A/Resources/WindowServer
Identifier:            WindowServer
Version:               ???
Code Type:             ARM-64 (Native)

最終的にログイン画面に戻される/ログアウトされる不具合が確認されているそうなので、これからアップグレードされる方は注意してください。

おまけ

 また、ScreenCaptureKitにより、WindowServerサービスのCPU/GPU,メモリ使用率が改善した「OBS Studio」では、特定のカラープロファイルで遅延が発生しているそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    「Windows Server」ではない、名前が紛らわしい。
    「Window Manager」で良かったんじゃないかと思う。