Adobe、macOS 13 Venturaをサポートした「Acrobat Reader」をリリース。ログイン項目がオフの場合に通知を表示。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS 13 Venturaをサポートした「Acrobat Reader」をリリースしています。詳細は以下から。

Acrobat DC

 Adobeは現地時間2022年10月11日、PDFPDF編集・作成ツール「Acrobat/Adobe Reader v22.003.20258」をリリースし、同バージョンでmacOS 13 Venturaをサポートしたと発表しています。

macOS 13 VenturaをサポートしたAcrobat and Adobe Reader

Acrobat Reader v22.003.20258
Added support for:

  • Mac OSX 13 Ventura

リリースノートより

 リリースノートによると、同バージョンでは英語環境でオンボーディングツアーなどが追加されている他、昨日公開されたサポートドキュメントの通り、macOS 13 Venturaで強化されるセキュリティ機能のために、

macOS 13 Venturaで通知されるデーモンやログインアイテムのインストール

WWDC22のWhat’s new in privacyより

ログイン項目(バックグラウンド・アプリケーション・プロセス)がオフになっている場合に、システム設定アプリからAcrobat Readerのログイン項目をオンするように以下のような通知が表示されるようになっているそうです。

How to enable Adobe Acrobat or Acrobat Reader in Login Items?

The new macOS Ventura provides increased visibility on the concurrently running background application processes. There is a high probability that a user might unknowingly disable important Acrobat processes. Acrobat now displays the following message notifying users to turn on the Acrobat processes.

What’s new in Adobe Acrobat – Adobe

 なお、Adobe製アプリではAdobe Acrobatのログイン項目(バックグラウンド・プロセス)とAdobe CCのログイン項目は異なっているため、Adobe AcrobatやCCの最新のアップデートやクラウド同期をmacOS 13 Ventura以降でも行いたい場合、2つのログイン項目をオンにする必要があるので注意してください。