macOS 13 Venturaのフルインストーラサイズは、Montereyと同じく12GBを超えているので注意を。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaのフルインストーラサイズは、Montereyなどと同じく12GB超えとなっているので注意が必要です。詳細は以下から。

macOS 13 Ventura

 Appleは日本時間2022年10月25日、ステージマネージャやSpotlightの強化、システム環境設定をSwiftUIで刷新したmacOS 13 Venturaを正式にリリースしましたが、このmacOS 13 Venturaのフルインストーラのサイズは、macOS 11 Big SurやmacOS 12 Montereyを同じく12GBを超えています。

macOS 13 Venturaのインストーラーアプリ

 Appleは2020年にApple Silicon Macを発売して以来、macOSにIntel x86_64アーキテクチャのアプリやライブラリに加えて、Apple Siliconのarm64アーキテクチャに対応したアプリやライブラリなどを追加し、インストーラーアプリもUniversal Binary(またの名をFat Binary)化され肥大化していますが、

歴代のmacOSインストーラーサイズ

macOS 13 VenturaではApple Silicon Mac向けに差分アップグレードも提供されているようなので、今後はアップグレードにかかる時間やネットワーク転送量を削減できそうです。

MacBook Pro (13-inch,

MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)のアップグレードは5.5GBほど。

各macOSのインストールに必要な空き容量

macOS 必要な空き容量 備考
macOS 10.13 High Sierra Macに14.3GBの空き容量が必要。 アップグレード後はmacOS Sierra 10.12.6より約1.5GB大きいストレージ容量が必要。
macOS 10.14 Mojave Macに12.5GBの空き容量が必要。 OS X El Capitan 10.11.5以降からのみアップグレード可能。
macOS 10.15 Catalina OS X 10.10 Yosemite以前のOS Xからアップグレードする場合は18.5GBの空き容量が必要。
macOS 11 Big Sur Macに35.5GBの空き容量が必要。 macOS 10.12 Sierraより前のOS Xからアップグレードする場合は44.5GBの空き容量が必要。
macOS 12 Monterey Macに26GBの空き容量が必要。 macOS 10.12 Sierraより前のOS Xからアップグレードする場合は44GBの空き容量が必要。
macOS 13 Ventura 現在のところ未掲載
  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)