Google、アクセシビリティを改善し不具合を修正した「Google Drive for Desktop v65.0」をリリース。macOS 10.13 High Sierraのサポートは2022年10月31日をもって終了。

スポンサーリンク

 Googleがアクセシビリティを改善し不具合を修正した「Google Drive for Desktop v65.0」をリリースしています。詳細は以下から。

Google Drive for desktop

 Googleは現地時間2022年10月11日、MacとWindows向けにアクセシビリティを改善し不具合を修正したGoogle Driveのデスクトップクライアント「Google Drive for Desktop v65.0」のロールアウトを開始したと発表しています。

Google Drive v65.0 for Desktop

macOS 10.13 won’t be supported after October 2022. To continue using Drive for desktop, upgrade to a supported OS before October 31, 2022.

Google Drive for desktop release notes – Google

 Google Drive v65.0 for Desktopでは、ESCキーを押すことでステータスメニュー表示を解除できるようになり、アプリのインストールとセットアップ時の処理が改善している一方、Mac版は、2022年10月以降にmacOS 10.13 High Sierraをサポートしなくなるそうで、

macOS 10.13 High SierraでGoogle Driveのサポートが終了

今後も最新のGoogle Driveを利用したい方は10月31日までにサポートされているmacOSへアップグレードするようコメントされています。なお、Googleは08月にリリースしたGoogle Drive for Desktop v63.0で、AppleのFile Provider APIをサポートしたため、

About Apple File Provider with Google Drive for Mac

Google Driveのローカルディスクの扱いは前バージョンやPC版と異なりmacOS(File Provider API)によって管理されているので、アップグレードされる方は注意してください。

Google DriveがFile Providerを利用しているかを確認する

AppleのFile Providerを利用したGoogle Drive for Mac

AppleのFile Providerを利用したGoogle Drive for Mac

  1. パソコン版ドライブを開きます。
  2. 設定アイコンから[設定]をクリックします。
  3. 右上の設定アイコンをクリックします。
  4. [Google ドライブのストリーミングの場所]セクションに、「フォルダの場所はmacOSによって管理されます。」という通知が表示されていることを確認します。