The Document Foundation、オープンソースのオフィススイート「LibreOffice for Mac」をMac App Storeで有料アプリとしてリリース。公式サイトからは引き続き無料でダウンロード可能。

スポンサーリンク

 The Document Foundation、オープンソースのオフィス・スイート「LibreOffice for Mac」の有料版をMac App Storeでリリースしています。詳細は以下から。

LibreOffice for Mac App Store

 独ベルリンのThe Document Foundation (TDF)は現地時間2022年09月19日、OpenOfficeをベースにオープンソースで開発を続けているオフィススイート「LibreOffice」のMac版を、AppleのMac App Storeでリリースしたと発表しています。

LibreOffice now on Mac App Store

Berlin, September 19, 2022 – The Document Foundation (TDF) announces the release of LibreOffice on Apple’s Mac App Store, to support end users who want to get all of their desktop software from Apple’s proprietary sales channel. So far, LibreOffice on the Mac App Store was released by Collabora. TDF will charge a convenience fee of €8.99, which will be invested to support development of the LibreOffice project.

The Document Foundation releases LibreOffice on Apple’s Mac App Store – LiberOffice Blog

 LibreOfficeは公式サイトからWindows、Linux、Mac版が無料でダウンロードできますが、TDFはMac App Store版LiberOfficeの価格を有料8.99ユーロ(1,100円)に設定し、今後LiberOffice Projectの開発を支援するために利用する予定で、Mac版はUniversal 2 BinaryとなっておりIntelとApple Silicon Macでネイティブ動作します。

LibreOffice for Mac Universal 2 Binary

 LiberOfficeはMicrosoft Officeドキュメントを開くことが可能で、Mac App Store版も同じソースコードがベースでWriterとCalc、Impress、Draw、Base、Mathが含まれていますが、Mac App StoreではJavaの同梱ができないため、Baseの機能には一部制限があるそうです。

LibreOffice for Mac