Anker Japan、4K/60Hz対応のHDMIポートやEthernet、USB-A 3.2ポートを搭載した全く新しいデザインの「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」を発売。

スポンサーリンク

 Anker Japanが4K/60Hz対応のHDMIポートやEthernet、USB-A 3.2ポートを搭載した全く新しいデザインの「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1)」を発売しています。詳細は以下から。

Anker 655 USB-C Hub (8-in-1)

 Anker Japanは日本時間2022年05月12日、2つのUSB-AポートやHDMI、Ethernet、microSD/SDカードリーダーなど合計8ポートを備えた新デザインのUSB-Cハブ「Anker 655 USB-C ハブ (8-in-1) (A8382)」を新たに発売しています。

Anker Japan 655 USB-C Hub

パススルー急速充電が可能なUSB Power Deliveryに対応したUSB-Cポート、2つのデータ転送用USB-A 3.2ポート、4K (60Hz) 対応のHDMIポート、イーサネットポート、microSD & SDカードスロット、3.5mmオーディオジャックへの接続が1つのハブで可能になりました。

Anker 655 USB-C ハブ – Amazon.co.jp

 Anker 655 USB-C Hub (8-in-1)は、これまでAnkerが発売してきたアルミニウム合金仕上げのAnker PowerExpandシリーズのハブとは異なり、外装にはPUレザーでケーブルは編込み式の高耐久ナイロンを採用。

Anker 655 USB-C ハブ

 搭載ポートは、最大データ転送速度10Gpbs USB 3.2仕様のUSB-Aポートが2つと、4K@60Hz出力*に対応したHDMIポート、Gigabit Ethernet、3.5mmオーディオジャック、最大転送速度312Mb/sのmicroSD/SDカードスロットが各1つ、最大100W入力に対応したUSB-C PDポートの合計8ポートで、MacBookシリーズなどに最大85W**で給電することが可能。

Anker 655 USB-C ハブの仕様

*4K@60Hz出力はノートPCやMacBookがDisplayPort 1.4に対応していることが必要。**15Wはハブ本体が使用。

 ハブのサイズは約12.5 × 5.5 × 1.6 cm、重さ約140gで、カラーはベージュとグレーから選択可能で、価格は9,999円となっていますが、現在は発売を記念して10%OFFの8,999円となっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 同ハブは独Red Dot 2022のデザイン賞を受賞していますが、欠点としては、持ち運びやすいようUSB-Cケーブルを一体化しUSB-CコネクタをL字型にデザインしてしまったため、MacBook Pro (14-/16-inch, 2021)で使用すると、MagSafe 3またはHDMI/SDカードスロットを塞いでしまうので、購入される方は注意してください。

Anker 655 USB-C ハブ

MagSafe 3ポートを搭載していないMacBookシリーズの場合は問題なく利用できるそうです。

コメント

  1. 名無し より:

    USBマルチハブはとれも似たような機能ばかり、これの特徴も分からん。
    LANが2.5/5/10Gbpsとか特徴が無いと勝つのは難しそう。USB-Cじゃないのも痛い。