iOS 15.4で利用可能になった新しいアカウント/パスワード・ピッカーにAmazonやBufferアプリが対応予定。

スポンサーリンク

 iOS 15.4で利用可能になった新しいアカウント/パスワード・ピッカーにAmazonアプリやBufferアプリが対応するようです。詳細は以下から。

iOS 15

 Appleは今年01月、iOS 15.4のBeta版を公開した際に、iOS 15.4ではサードパーティアプリを”ASAuthorizationPasswordRequest“に対応させることで、パスワードを入力する際のアカウント/パスワード・ピッカーがSign in with AppleやAppleアプリのサインインと同じデザインになり、

iOS 15.4にアップデートしたiPhoneのAmazonアプリのアカウント/パスワードピッカー

iOS 15.4にアップデートしたiPhoneのAmazonアプリのアカウント/パスワードピッカー

同じアプリやサービスに複数のアカウントを持っている場合、これまではiCloud Keychainや1Passwordなどのサードパーティ製パスワードマネージャーからユーザー自身がアカウントを検索&選択していましたが、新しいピッカーはアプリやサービスに合ったアカウントを抽出し、ユーザーは選択して[続ける]をタップするだけでよくなると発表していましたが、この新しいアカウント/パスワードピッカーにAmazonアプリが対応したようです。

iOS 15.4とiOS 15.3のAmazonアプリ

 AmazonアプリはiOS 15.4のBeta段階で、新しいアカウント/パスワードピッカーに対応していましたが、現在はAmazon.comだけでなくAmazon.co.jpの情報もリストアップされるようになっており、TwitterやFacebookなどに予約投稿できるBufferサービスのアプリも今後のアップデートで、この新しいピッカーに対応するそうなので、今後対応アプリが増えれば、より素早くアプリやサービスにログインできるようになりそうです。