Apple M1 Max/Ultraチップ搭載の「Mac Studio」のシステム情報を追加した「MachineProfile v1.4.11」がリリース。

スポンサーリンク

 Apple M1 Max/Ultraチップ搭載の「Mac Studio」のシステム情報を追加した「MachineProfile v1.4.11」がリリースされています。詳細は以下から。

MachineProfile

 TechToolを開発している米カリフォルニア州のソフトウェア会社Micromat, Inc.は現地時間2022年04月05日、Macのメンテナンス時などに必要なハードウェア情報を収集&表示してくれるシステム情報ユーティリティ「MachineProfile」の最新バージョンとなる「MachineProfile v1.4.11」をリリースし、新たにApple M1 Max/Ultraチップを搭載したMac Studioの情報を追加したと発表しています。

Mac StudioのMachineProfile

 MachineProfileの情報では、Mac Studioに搭載されているApple M1 MaxチップはMacBook Pro (14/16インチ, 2021)と同じコードネームJade 1Cとして知られていたSoCネーム”T6001″、M1 UltraチップはJade 2C/”T6002″で、

Mac Studio

現在のところ、中国(Assembled in China)やマレーシア(Made in Malaysia)などが確認されているMac Studioの製造元と製造日データは入っていないようですが、それ以外のデータは確認できるので、興味のある方は試してみてください。

MachineProfile v1.4.11リリースノート

  • Mac Studio M1 Max と M1 Ultra をサポート
  • iMac (21.5 インチ, 2017) の誤った製造日を修正
  • [ドライブ情報] タブで発生する可能性のあるアプリケーションのクラッシュに対処
  • その他の軽微な修正と機能強化