iOS 15.4へアップデートしたiPhone 12以降のiPhoneでマスクを着用したままFace IDを利用する方法。

スポンサーリンク

 iOS 15.4搭載のiPhone 12以降でマスクを着用したままFace IDを利用する方法を以下にまとめておきます。詳細は以下から。

Face ID with a Mask

 Appleは現地時間2022年03月14日、iPhone 6s以降のiPhone, 第7世代iPod touchデバイス向けに「iOS 15.4 Build 19E241」を正式にリリースしましたが、このiOS 15.4ではiPhone 12以降で、マスクを着用したままFace IDの機能を利用することができる「マスク着用時に Face ID を使用する (Face ID with a Mask)」オプションが追加されています。

Face ID with a Mask

iOS 15.4 以降では、「マスク着用時 Face ID」を使って、マスクをしていても iPhone のロックを解除できます。
マスクをしていたり、場合によってはその他のもので顔を覆っていたりしても、「マスク着用時 Face ID」は、人によって異なる目の周りの特徴を認識してくれます。「マスク着用時 Face ID」を使う場合でも、App 購入時の認証や iPhone のロック解除、Apple Pay 利用時の認証に Face ID を使えます。

iPhone 12 以降でマスク着用時に Face ID を使う – Apple サポート

スポンサーリンク

マスクを着用したままFace IDを使う

 マスクを着用したままFace IDを使うには、iOS 15.4アップデート後に表示される「マスク着用時 Face ID」の設定を行うのが一番手っ取り早いですが、時間がない場合は、「あとでセットアップ」をタップして、時間に余裕がある時に、以下の手順でセットアップすることができます。

マスク着用時 Face ID

iOS 15.4アップデート後に表示されるマスク着用時 Face ID

 Face IDをマスク着用時に利用するには、iOSの設定アプリから[Face IDとパスコード] → [マスク着用時 Face ID]のオプションをONにして、「マスク着用時にFace IDを使用する」を選択。

マスク着用時 Face ID

 後は安全な状況で、マスクを一時外し、通常のFace IDの登録のとおりに顔をスキャンすれば、マスク着用時 Face ID機能が有効になり、マスクをしたままiPhoneのロックを解除したり、App StoreやApple Payの認証を行うことができます。

マスク着用時 Face ID

おまけ

 マスク着用時Face ID機能は、人によって異なる目の周りの特徴を認識して認証を行うため、Appleはメガネをしているユーザー向けに、メガネ着用した顔を登録することでマスク着用時Face ID認証の精度を上げるオプションも用意しており、

Face IDにメガネを登録

このオプションはサングラスでの使用は想定していませんが、通常のメガネなら最大4本のメガネを登録できるので、メガネユーザーの方は試してみてください。

iOS 15.4 Face ID with a Mask and glass

コメント

  1. 匿名 より:

    今さらマスクとは…
    島国だねー