複数のSNSの管理や予約投稿が可能な「Buffer」のiOSアプリが、iOS 15.4の新しいアカウント/パスワードピッカーに対応し、より素早くサインイン可能に。

スポンサーリンク

 複数のSNSの管理や予約投稿が可能な「Buffer」のiOSアプリが、iOS 15.4の新しいアカウント/パスワードピッカーに対応しています。詳細は以下から。

Buffer for Mac

 Appleが現地時間2022年03月14日にリリースしたiOS 15.4では、サードパーティアプリでも、Sign in with AppleやiCloud、App StoreなどのApple製サービスやアプリのサインインと同じアカウント/パスワードピッカーが利用できるようになると発表されていましたが、この新デザインのピッカーにSNS管理サービスのBufferアプリが対応したそうです。

iOS 15のアカウントピッカー

Added support for quickly signing into Buffer using the latest Password handling options from Apple.

リリースノートより抜粋

 iOS 15.4の新しいアカウント/パスワードピッカーに対応したのはBuffer v11.5以降で、旧アカウント/パスワードピッカーではiCloud Keychainや1Passwordなどのパスワードマネージャーに複数のアカウントが登録されていた場合、ユーザーがパスワードマネージャーを指定して、アカウントを検索しなければなりませんでしたが、

Buffer: Social Media Tools v11.5

iOS 15.4&Buffer v11.4.5(左)でも、旧UIでアカウントはピックアップされるようになっていたそうです。

新しいアカウント/パスワードピッカーでは、iOSがサービスに合ったアカウントを抽出、ユーザーは[続ける]をタップするだけでサインインできるようになっているので、Bufferユーザーの方は試してみてください。