Spigen、新しい耐衝撃設計を採用したiPhoneケース「Tough Armor XP」を発売。

シェアする

スポンサーリンク

 Spigenが新しい耐衝撃設計を採用したiPhoneケース「Tough Armor XP」を発売すると発表しています。詳細は以下から。

Tough Armor XP

 スマートフォン向けアクセサリーを開発&販売しているSpigen Inc.は現地時間2019年02月06日、同社のiPhone用ケース「タフ・アーマー」の次世代モデルとなる「Tough Armor XP」を新たに発売すると発表しています。

Tough Armor XP

Tough, inside out.
Constructed with three different layers for optimum drop protection and ergonomic design.

Tough Armor XP – Spigen Inc

 Tough Armor XPは既存のTPU素材を採用したインナーケースとポリカーボネート素材を採用した背面パネルに加え、内部に衝撃吸収(Extreme Impact Foam)層を備えており、4隅にはAir Cushion Technologyを採用しMIL認証の取得およびワイヤレス充電とSpigenのガラスフィルムGlas.tRにも対応。

Tough Armor XP

 ケースの厚さは0.45inch(11.43mm)で、装着しても厚さ0.30inch(7.62mm)のiPhone XSがわずか0.15inch厚くなるだけで、現時点ではiPhone XS/XS Max/XRモデルが用意され、価格はそれぞれ39.99ドル、49.99ドル、49.99ドルとなっており、アメリカでは02月中旬の発送となっています。

iPhone XSモデルはiPhone Xにも対応しているそうです。