ブリッジと共有ネットワークをサポートし、macOS 11 Big SurとiOS 13以降でLinux VMのOpenGL GPUアクセレーションが可能になった「UTM v2.2.0」のBeta版がリリース。

スポンサーリンク

 ブリッジと共有ネットワークをサポートし、macOS 11 Big SurとiOS 13以降でLinux VMのOpenGL GPUアクセレーションが可能になった「UTM v2.2.0」のBeta版がリリースされています。詳細は以下から。

UTM virtual machines for iOS/macOS

 オープンソースのCPUエミュレータQEMUを利用しIntel/Apple Silicon MacやiPhone/iPadデバイスに対応した仮想化ユーティリティ「UTM」を開発しているYuan Luさんは現地時間2021年08月09日、UTMの次期バージョンとなる「UTM v2.2.0」のBeta版を新たに公開したと発表しています。

UTM v2.2.0 Beta

Bridged networking and shared networking support. You can configure it in the Network settings for your VM.

リリースノートより抜粋

 Beta版のリリースノートによるとUTM v2.2.0では新たにmacOS版で仮想マシンのブリッジと共有ネットワーク設定がサポートされるほか、macOS 11 Big SurおよびiOS 13以降のLinux VMでOpenGLのGPUアクセレーションが可能になるそうです。

UTM v2.2.0 Shared and Bridged Network

 また、UTM v2.2.0 (Beta)では最新のQEMU 6.1.0-rc1が採用されているそうなので、興味のある方はGitHubリポジトリからダウンロードしてみてください。

スポンサーリンク

UTM v2.2.0 Beta

New Features

  • (macOS Only) Bridged networking and shared networking support. You can configure it in the Network settings for your VM.
  • (macOS 11+ and iOS 13+) GPU acceleration for OpenGL on Linux. Use virtio-ramfb or virtio-gpu-gl-pci display device and compatible Linux drivers (most modern Linux distros will have it already installed). Windows is not supported because there is currently no virtio-gpu driver for Windows that supports 3D acceleration.
  • QEMU is updated to v6.1.0-rc1

Known Issues

  • On Intel Macs, virtio-ramfb and virtio-gpu-pl-pci does not work with BIOS boot. You need to boot from UEFI which currently requires you to manually add a PC Flash device with the UEFI image. In the future, there will be an option to boot from UEFI instead of BIOS.
  • On macOS 12, some UI elements are laid out incorrectly due to changes in SwiftUI apis.