UTM

UTMは2019年から開発されているオープンソースの仮想マシン作成アプリで、開発当初はCPUエミュレータQEMUを利用し、iOSデバイス上でx86_64やARM64、RISC-Vなど様々なアーキテクチャの仮想マシン実行するために開発されていましたが、その後、AppleがApple SiliconでiOSアプリをサポートしたことで、Apple Silicon Macでも利用可能な仮想化ソリューションとなっています。

スポンサーリンク
UTM

Turing Software、iPhoneやiPad、Vision ProからUTM for Mac上のWindows/Linux仮想マシンにアクセスし操作できるリモートクライアント「UTM Remote Virtual Machines」をリリース。

UTM

Windows仮想マシンの映像をiPhoneやiPad、Vision Proへ転送し操作できるリモートサーバー機能を実装した「UTM for Mac v4.5」がリリース。

UTM

UTMで構成したMac上の仮想マシンをiPhoneやiPad、Vision Proから操作できる「UTM Remote Virtual Machines」アプリのBeta版が公開。

スポンサーリンク
UTM

iOS/visionOSリモートクライアントからの操作が可能なUTMリモートサーバー機能を実装した仮想化ソフトウェア「UTM for Mac v4.5.0」のBeta版がリリース。

UTM

macOS 14 SonomaのAVFで追加された仮想マシンの保存と復元、ディスプレイ解像度のリサイズをサポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.4.3」がリリース。

UTM

macOS 14 SonomaやvisionOSを初期サポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.4.0」のBeta版がリリース。

UTM

Windows 11のイメージをダウンロードし、仮想マシン作成に必要なISOイメージを作成してくれるMacアプリ「CrystalFetch v2.0」がリリース。新しいesd2isoを採用し日本語へローカライズ。

UTM

Windows 11 22H2のシステム要件に追加されたTPM 2.0とセキュアブートをサポートしたmacOS/iOS対応の仮想化ソフトウェア「UTM v4.3.4」がリリース。

UTM

Microsoftが公開しているWindows 11イメージをダウンロードし、仮想マシン作成に必要なISOイメージを作成してくれるMacアプリ「CrystalFetch ISO Downloader」がリリース。

UTM

Windows 11 22H2のシステム要件に追加されたTPM 2.0とセキュアブートをサポートしたmacOS/iOS対応の仮想化ソフトウェア「UTM v4.3.2」のBeta版が公開。