iOS 14.7アップデート後にTouch ID搭載のiPhoneでApple Watchのロックが解除できなくなる問題あるとして、Appleが今後のソフトウェア・アップデートで修正すると発表。

スポンサーリンク

 iOS 14.7アップデート後にTouch ID搭載のiPhoneでApple Watchのロックが解除できなくなる問題あるとして、Appleが今後のソフトウェア・アップデートで修正すると発表しています。詳細は以下から。

iOS 14のロゴ

 Appleは現地時間2021年07月19日、iPhoneとApple Watch向けにiOS 14.7とwatchOS 7.6をリリースしましたが、このiOS 14.7へアップデートしたiPhoneでApple Watchのロックが解除できない不具合が確認されているとして、Appleが管理者向けに通知しています。

iOS 14.7 へのアップデート後に iPhone で Apple Watch のロックが解除されない場合

「iPhone でロックを解除」を有効にしている場合、Apple Watch を身に着けていれば、iPhone のロックを解除すると Apple Watch のロックも解除されます。iOS 14.7 には、Touch ID 搭載モデルの iPhone で Apple Watch のロックを解除できなくなるという問題があります。

iOS 14.7 へのアップデート後に iPhone で Apple Watch のロックが解除されない場合 – Apple サポート

 この不具合はTouch ID搭載のiPhoneとApple Watchで確認されており、対象デバイスをiOS 14.7へアップデートすると、iPhoneのロック解除と同時にApple Watchのロックを同時解除する「iPhoneでロックを解除」の機能が機能しなくなるそうです。

iPhone でロックを解除

 Appleは今後のソフトウェア・アップデートでこの問題を修正する予定で、この不具合が発生した場合はApple Watchに直接パスコードを入力してロックを解除してほしいとコメントしているので、不具合に遭われた方は試してみてください。

MDMプロファイルでiPhoneとApple Watchの解除を連動している場合は直接パスコードが入力できないためかなり厄介で、Apple Watchのペアリング解除、消去&再設定が必要になるため、MDM管理者の方はアップデートの延長を検討した方がいいかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    またやらかしたわ。
    ホントダメな会社になったもんだ。