新しいNotes機能やLSPをサポートしたMac用エディタ「BBEdit 14.0」がリリース。

スポンサーリンク

 新しいNotes機能やLSPをサポートしたMac用エディタ「BBEdit 14.0」がリリースされています。詳細は以下から。

BBEdit for macOS 11 Big Sur

 米Bare Bones Softwareは現地時間2021年07月19日、1992年に当時のSystem 6向けのテキストエディタとして開発し、現在もアップデートが続いている老舗のMac用エディタ「BBEdit」の最新バージョンとなる「BBEdit v14.0」をリリースしたと発表しています。

BBEdit v14 Apple Silicon Sandboxed

This major upgrade to BBEdit features (but is not limited to): a new feature for creating and storing notes; virtual-environment support via Anaconda; available enhanced code completion and navigation (enabled by built-in Language Server Protocol support); support for Emmet abbreviation expansion;

リリースノートより抜粋

 リリースノートによると、BBEdit v14.0では合わせて100以上の新機能&改善がありますが、大きな新機能としてはBBEditをメモ帳代わりに利用して無題(Untitled Text)テキストを多数開いているユーザー向けに、記入した内容から自動的にタイトルを決定し保存してくれるNotes機能が追加されています。

BBEdit 14.0 New notes

 その他、BBEdit v14.0ではLSP(Language Server Protocol)やAnaconda(conda)仮想環境のサポート、GoやRust, R, TOML, Pixar USDA, Lisp言語モジュールのBuild-In、コピー&ペーストや大文字/小文字切り替えなど最後に実行したコマンドを繰り返し実行できる”Repeat Last Command”メニューなどが追加されています。

BBEdit v14 Repeat Last Command

 BBEdit v14.0の価格は永年版のシングルユーザーライセンスが49.99ドル、v13.xからのアップグレードが29.99ドル、v12.xからのアップグレードが39.99ドルで、2021年01月01日後にv13.xを購入したユーザーは無償アップグレードが提供され、30日間のトライアル期間も引き続き用意されているので、多機能エディタをお探しの方はチェックしてみてください。