macOS 12 Monterey/iOS 15のSafari 15ではHTTP接続のWebサイトを自動でHTTPS接続に変更。

スポンサーリンク

 macOS 12 MontereyとiOS 15のSafari 15ではHTTP接続のWebサイトを自動でHTTPS接続に変更するそうです。詳細は以下から。

Safari 14のアイコン

 Appleは日本時間2021年06月08日から完全オンラインで開催しているWWDC21の基調講演で、次期Mac用OS「macOS 12 Monterey」や次期iPhone/iPad用OS「iOS/iPadOS 15」では、デフォルトブラウザである「Safari v15」をアップデートしデザインを刷新&iOS/iPadOSでも機能拡張が利用可能になると発表しましたが、このSafari v15ではHTTPサイトを自動でHTTPSサイトへアップグレードする機能が追加されていそうです。

Safari 15

HTTPS upgrade
Safari automatically upgrades sites known to support HTTPS from insecure HTTP.

macOS Monterey Preview – Apple

 AppleのMonterey Previewサイトの記述を見る限り、HTTPとHTTPSプロトコルでWebサイトが用意されている場合、入力したURLがhttp://であってもhttps://接続が優先して選択されるよで、これにより、より安全で高速な接続が行われるようです。

Safari 15 upgrade to HTTPS

 Googleも2021年04月にリリースしたChrome 90で「default to HTTPS」を宣言し、開くURLが”example.com”だった場合、これまではhttp://をデフォルトとしていましたが、Chrome 90以降はhttps://をデフォルト利用するようになっているので、まだHTTPS化していないWebサイトを管理されている方は、HTTPSへの移行を検討したほうがよさそうです。

Google Chrome 90 default to HTTPS

Chrome will now default to HTTPS for most typed navigations that don’t specify a protocol. HTTPS is the more secure and most widely used scheme in Chrome on all major platforms.

A safer default for navigation: HTTPS – Chromium Blog