Apple、2016年に販売を終了した27インチ「Thunderbolt Display」と「LED Cinema Display」をビンテージ製品に追加。

スポンサーリンク

 Appleが2016年に販売を終了した27インチ「Thunderbolt Display」と「LED Cinema Display」をビンテージ製品に追加しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2021年06月03日、同社のハードウェア修理サービス状況をまとめているVintage and obsolete productsページを更新し、2010年に発売した「Apple LED Cinema Display (27-inch)」および、2011年に発売した「Apple Thunderbolt Display (27-inch)」を全世界でのビンテージ製品に追加しています。

Apple Thunderbolt Display vintage

ビンテージ製品について
Apple が販売店への供給を停止した日から 5 年以上 7 年未満の製品は、ビンテージ製品とみなします。

ビンテージ製品とオブソリート製品 – Apple サポート

 Apple Thunderbolt Displayは2010年に発売され、WWDC2016後に販売終了され、その後Appleは自社製ディスプレイを発売してきませんでしたが、一昨年12月に約3年ぶりの自社製ディスプレとなる32インチRetina 6Kディスプレイを採用したPro Display XDRを発売しました。

 また、今回の更新では、Apple Thunderbolt Display (27-inch)発売の1年前にCinema Displays (30-inch)の後継モデルとして発売された「Apple LED Cinema Display (27-inch)」と初代iPad Airも全世界でビンテージ製品となり、昨年07月に一時的にビンテージ製品となっていたMacBook Air (11-/13-inch, Mid 2013)も再びビンテージリストに追加されています。

Apple Cinema Display (27-inch)より前のApple Cinema Displayシリーズは既にオブソリート製品です。

全世界でビンテージ製品となた周辺機器

  • 2010年07月発売 : Apple LED Cinema Display (27-inch)
  • 2011年07月発売 : Apple Thunderbolt Display (27-inch)

全世界でビンテージ製品となったiPad

  • 2013年11月発売 : iPad Air WiFi
  • 2013年11月発売 : iPad Air WiFi + Cellular

 発売された国の法律や在庫状況にもよりますが、オブソリートになった製品は例外を除きハードウェアサービスが終了し、AppleおよびAASPで修理等を受けられないので、Thunderbolt Displayなどを利用しているユーザーの方は注意してください。