Macのメニューバーにスクリプト出力を表示できるユーティリティ「BitBar」から派生した「SwiftBar」がxbar-pluginsリポジトリをサポート。

スポンサーリンク

 Macのメニューバーにスクリプト出力を表示できるユーティリティ「BitBar」から派生した「SwiftBar」がxbar-pluginsリポジトリをサポートしています。詳細は以下から。

SwiftBar

 SwiftBarはアメリカのAmeba Labsが公開したMacのメニューバーにスクリプトやアプリの出力を表示できるユーティリティで、Objective-Cで書かれアップデートも滞っていたBitBar*をSwift言語でポートしたものですが、このSwiftBarがv1.3アップデートでxbar-plugins(旧BitBar Plugins)リポジトリをサポートしています。

Added support for xbar-plugins repository

BitBarは、その後開発者のMat RyerさんがGo言語で書き直しxbarとして開発を継続すると発表していますが、現在もBeta段階です。

 xbar(旧BitBar)開発者のRyerさんはxbarの開発継続を発表した際に、SwiftBarはマージせずにxbar-pluginsリポジトリへのアクセスも遮断しないとコメントしていたため、今回のアップデートで追加サポートされたようで、

SwiftBar v1.3 support xbar-plugins

SwiftBar v1.3では旧BitBar用プラグインを含むxbar-pluginsリポジトリのプラグインが表示&インストールできるようになったほか、Plugin Debug Viewも追加されているので、BitBarユーザーだった方は試してみてください。

SwiftBar v1.3

  • New: Plugin Debug View #182
  • New: Multiple SF Symbols with different colors #180
  • New: Added support for xbar-plugins repository #183
  • New: Preferences UI #181
  • Fixed: Correct handling of a sleep\wake cycle #179
  • Fixed: Color names work in lowercase but not in mixed case #197
  • Fixed: Image tint in menu bar should match text color when selected #196
  • Fixed: Manual refresh leads to excessive scheduled refreshes #194
  • Fixed: Plugin menu items don’t align with SwiftBar menu items #186