Apple、macOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けにWebKitの脆弱性を修正した「Safari v14.1」を再リリース。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けにWebKitの脆弱性を修正した「Safari v14.1」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari 14のアイコン

 Appleは現地時間2021年05月03日、iPhoneやiPad、Apple Watch向けにiOS/iPadOS 14.5.1 Build 18E212」、「watchOS 7.4.1 Build 18T201」、「iOS 12.5.3 Build 16H41」、Mac向けにmacOS Big Sur 11.3.1 Build 20E241アップデートをリリースし、このアップデートでは既に悪用が確認されているWebKitのゼロデイ脆弱性を複数修正したと発表していますが、

WebKitのゼロデイ脆弱性を修正したMacとiPhone

  • macOS Big Sur 11.3.1 (20E241)
  • iOS 14.5.1 (18E212)
  • iPadOS 14.5.1 (18E212)
  • watchOS 7.4.1 (18T201)
  • iOS 12.5.3 (16H41)
  • iPadOS 12.5.3 (16H41)

May 3, 2021

Releases – Apple Developer

このアップデートと同時に配信が停止されていた、macOS 10.14 MojaveおよびmacOS 10.15 Catalina向けの「Safari v14.1」が再びリリースされています。

CVE-2021-30665/30663を修正したSafari v14.1

スポンサーリンク

アップデートの確認

 配信が再開された「Safari v14.1」スタートページのカスタマイズWebM/Vorbisのサポートなどリリースノートには変更が無いものの、セキュリティコンテンツによると、悪意のあるWebコンテンツを処理すると任意のコードが実行される可能性があるWebKitの脆弱性2件が修正されており、

Safari v14.1 15611.1.21.161.7 on macOS 10.15 Catalina

アップデート後は2021年04月26日にリリースしたSafari v14.1とは異なるBuild Numberになるので、アップデートが適用されたか気になる方はSafariメニューの[Safariについて]でチェックしてみてください。

リリース日 macOS 10.14 Mojave向け macOS 10.15 Catalina向け
2021年04月26日 Safari 14.1
Build 14611.1.21.161.5
Safari 14.1
Build 15611.1.21.161.5
2021年05月04日 Safari 14.1
Build 14611.1.21.161.7
Safari 14.1
Build 15611.1.21.161.7

Safari 14.1 includes the security content of Safari 14.1 (released April 26, 2021). After installing this update, the build number for Safari 14.1 is 15611.1.21.161.7 on macOS Catalina and 14611.1.21.161.7 on macOS Mojave.

About the security content of Safari 14.1より

コメント

  1. bg より:

    CatalinaとMojaveのSafariのビルドナンバーが逆ですよね

  2. タスクマ より:

    Catalina向けとMojave向けのBuildナンバーが逆のような気がします。

  3. applech2 より:

    >>1-2
    ご指摘ありがとうございます。先程修正したので、17時頃には修正されていると思います。