Apple、他人や迷惑な追跡に利用されているAirTagをしばらく持ち歩き、AirTagから音が鳴ったりiPhoneに「AirTagがあなたの近くで見つかりました」と表示された場合の対処法を公開。

スポンサーリンク

 Appleが他人や迷惑な追跡に利用されているAirTagをしばらく持ち歩きAirTagから音が鳴ったり「AirTagがあなたの近くで見つかりました」と表示された場合の対処法を公開しています。詳細は以下から。

AirTag

 Appleは日本時間2021年04月23日(金)午後09時より、Appleの探すネットワークとアプリに対応した紛失防止タグAirTagの販売を開始しますが、それを前に、身に覚えのないAirTagや迷惑な追跡に利用されているAirTagがユーザーの周辺で発見された場合の対処方法を公開しています。

これがAirTagです。

スポンサーリンク

他人のAirTagを発見した場合

 現地時間2021年04月20日に開催されたスペシャルイベント「Spring loaded.」の中でもコメントされていたとおり、AppleのAirTagには初めからプライバシー機能が搭載されており、仮に誰かが他人の行動を追跡しようとして、AirTagを他人のバッグやポケットに忍ばせても、ユーザーから離れると以下のように、その存在を他人に知らせるように設計されているそうです。

AirTagを見つけた場合や「AirTag があなたの近くで見つかりました」という通知が表示された場合の対処法

AirTag には、迷惑な追跡を防止する仕組みもあります。知らないうちに追跡されることのないように、自分のものではない AirTag をしばらく持ち歩いていることがわかると、「探す」が教えてくれます。AirTag が持ち主から長時間離れたままになっていると、動いたときに AirTag で音が鳴り始めるので、iOS デバイスを持っていない人でも見つけることができます。

AirTagを見つけた場合や「AirTag があなたの近くで見つかりました」という通知が表示された場合の対処法 – Appleサポート

ユーザーが不明/自分のものでないAirTagを知らせてくれる条件

  1. 自分のものでないAirTagをしばらく持ち歩くとiPhoneの「探す」アプリが通知を表示し教えてくれる。
  2. AirTagが持ち主から長時間離れたままになっていると、次に動いた時にAirTagから音がなり始め、iOSデバイスを持っていない人でも見つけられる。
誰かのAirTagがあなたの持ち物に紛れ込んでも、あなたのiPhoneがそれを検知してアラートを表示

誰かのAirTagが貴方の持ち物に紛れ込んでも、貴方のiPhoneがそれを検知してアラートを表示

 自分のものでないAirTagを発見したユーザーはiPhoneやNFC対応のスマートフォンをAirTagの上部の白い面にかざすと、AirTagのシリアル番号などの情報を表示するWebサイトが開き、「AirTagを無効にする手順*」や持ち主が設定したメッセージ/連絡方法が表示されるようになっています。

AirTag instructions to disable

*AirTagを完全に無効化する方法は、裏のAppleマークが付いた蓋を回転させ、電池(CR2032)を取り外してしまうことです。

 実際の動作はAppleからレビュー用のAirTagを受け取ったThe Vergeがレポート(動画の9分辺りから)しており、Appleは過て他人のAirTagが付いた持ち物を借りた場合の対処法も公開しているので、興味のある方はチェックしてみてください。