Evernoteからプログラマ向けノートアプリ「Boostnote」へノートを移行できるCLIツール「ever2boost」がリリース。

スポンサーリンク

 Evernoteからプログラマ向けノートアプリ「Boostnote」へノートを移行できるCLIツール「ever2boost」がリリースされています。詳細は以下から。


 以前紹介したBoostnoteは福岡県のMAISIN&CO.株式会社が開発&公開しているプログラマ向けノートアプリで、Markdownや150種類以上のシンタックスハイライトなどに対応していますが、このBoostnoteへEvernoteからノートを移行できるコマンドラインツール「ever2boost」がリリースされています。

■ever2boostを使い、evernote内のデータをBoostnoteへ

evernoteはマークダウンに満足に対応しておらず、プログラマーの皆さんには優しいとは言えないツールだと思います。その為、予てよりevernoteのインポーターを作って欲しい旨のフィードバックを度々頂いておりました。
そしてこの度、コミッターである 末永氏(https://github.com/asmsuechan)の協力のもと、evernoteインポーター「ever2boost」の開発・公開に至りました。

約180ヶ国へ拡がっているOSSプロジェクトBoostnoteが、evernoteからのデータ移行ツールをリリース|MAISIN&CO.株式会社のプレスリリース – PR Time

スポンサーリンク

使い方

 ”ever2boots”コマンドのインストールは以下の通りRubyGemsを使用し、EvernoteのノートをBoostnote形式に変換するには、OneNote Importer Tool for Macと同様に予めEvernoteからエクスポートした”.enex”形式のファイルを”ever2boots convert”コマンドで指定するだけで、

gem install ever2boost
ever2boost convert Hogehoge.enex

後はBoostnoteの[Menu] → [Storages] → [+Add Storage]で作成された”~/evernote_storage_enex”フォルダを選択すれば移行完了です。

 その他、EvernoteのDeveloper tokenを使用した移行方法や注意点、詳しい使い方は開発者のasmsuechanがQiitaに公開しているので、Boostnoteユーザーの方はチェックしてみてください。