Mac用アンチウイルスアプリ「ClamXAV」がApple Silicon Macにネイティブ対応。

スポンサーリンク

 Mac用セキュリティアプリ「ClamXAV」がApple Silicon Macにネイティブ対応しています。詳細は以下から。

ClamXAV v3.2

 英Canimaan Software Ltdは現地時間2021年03月03日、同社が開発&販売しているMac用セキュリティアプリ「ClamXAV」をv3.2ヘアップデートし、新たにApple Silicon Macにネイティブ対応したと発表しています。

ClamXAV v3.2

ClamXAV v3.2 – 1st March 2020

  • Now runs fully natively on M1 Macs
  • New Big Sur-style app icon for ClamXAV

リリースノートより抜粋

 ClamXAVはオープンソースのアンチウィルスアプリ「Clam AntiVirus (ClamAV)」をベースに、イギリスのMark Allanさんが2004年からドネーションウェアとして開発&保守を続けていましたが、2015年にCanimaan Softwareへライセンスを譲渡したことで有料化され、現在は年間29.95ドルのサブスクリプション制になっています。

ClamXAV v3.2 on Apple Silicon Mac

 ClamXAV v3.2ではIntelとApple Siliconに対応したUniversal 2 Binaryとなったほか、Big Surスタイルのアイコンの採用、CPU使用率の大幅な削減などが行われているそうなので、興味のある方は30日間のトライアル版を利用してみてください。

新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の感染が広がっているイギリスでは先月から、ほぼリモートでClamXAVの開発とサポートを行っているそうです。

ClamXAV v3.2 – 1st March 2020

  • Now runs fully natively on M1 Macs
  • New Big Sur-style app icon for ClamXAV
  • Considerably reduced CPU usage
  • Minor visual tweak for macOS 11 Big Sur
  • Fixed intermittent issue with the reports window flashing
  • Removed minimise button on Preferences window for compliance with Apple’s HIG
  • Added French localisation for “Scan with ClamXAV” item in the Services menu
  • Miscellaneous fixes and improvements