オープンソースの画像圧縮アプリ「ImageOptim」の偽物が再びMac App Storeに登場し、開発者が購入しないように呼びかけ。

スポンサーリンク

 オープンソースの画像圧縮アプリ「ImageOptim」の偽物が再びMac App Storeに登場し、開発者が購入しないように呼びかけています。詳細は以下から。

ImageOptim v1.7.3のアイコン

 ImageOptim(イメージオプティム)はイギリスで画像処理アルゴリズムの研究をされているKornel Lesińskiさんが2007年頃から開発しているオープンソースのMac用・画像圧縮アプリで、OxiPNGやPNGCrush、MozJPEG、Zopfli、AdvPNG、Jpegoptim、Gifsicle、SVGO、svgcleanerなどのライブラリを利用し、PNGやJPEG、GIF、SVGフォーマットの画像の圧縮や最適化を行ってくれますが、

ImageOptim for Mac

このImageOptimを装った偽のImageOptimがMac App Storeに公開されているとして、開発者のKornelさんが、このアプリに課金して「ImageOptim Pro」を購入しないように呼びかけています。

 ImageOptimの偽物/違法コピー(Illegal Copy)版は度々Mac App Storeに公開され、その度にKornelさんはImageOptimはフリーウェアでApp Storeで販売されているものは偽物でAppleに取り下げるよう申請していますが、

fake ImageOptim

Will ImageOptim be in the App Store?
No, and please beware of knock-offs in the App Store! Apple’s has been selling three already.ImageOptim is given for free on terms that basically say “you can do what­ever you want except taking this freedom away from others”.

ImageOptim – ImageOptim

それでもImageOptimの偽物を購入してしまうユーザーが居るようで、現在Mac App Storeに公開されているImageOptimの偽物/コピーと思われるアプリは中国の開発者が公開しているようで、日本では280以上の評価が付いていますが、ユーザーレビューは不具合報告か日本語ではない日本語/英語となっているようです。

Fake ImageOptim app in Apple AppStore

ImageOptimをコピーしたと思われるアプリは、各地域ごとに名前を変えて販売されているため見つけにくく、バグレポートや返金依頼がオリジナルのImageOptimの方に送信されてくることがあるそうです。
スポンサーリンク

おまけ

 ImageOptimの偽物と思われるアプリは12月のアップデートでmacOS 11 Big SurとApple Silicon Macに正式対応していますが、オリジナルのImageOptimは11月にIntelとApple Siliconにネイティブ対応したBeta版ImageOptim v1.8.9a1が公開されています。

ImageOptim for Mac Universal